あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

Huluのおすすめ海外ドラマ(ホラー編)10選はこれだ!

2019/06/05
 
ホラーアイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

 

 

僕は「プリズン・ブレイク」や「24」のような海外ドラマが大好きで、動画配信サービス「Hulu」をめちゃくちゃ愛用しています。

 

 

やはり日本のドラマと違って、スケール感やアクションが大きく、ストーリーもしっかり作りこまれている所が大好きで、ドラマの回が増すごとにどんどん話に惹きこまれてしまっている自分がいます。

 

 

はっきり言って、全話観終わるまで向こうの世界に行ったまま、こちらの世界に帰ってこれません。

ほんと、毎回行きっぱなしなんです。

いや、マジで。(笑)

 

 

それぐらい完成度の高い海外ドラマの配信に強いのが「Hulu」です。

でも、配信数50,000本以上という作品から自分の好みの人気作品を選ぶって、毎回大変ですよね?

 

 

観たい作品がある時は良いのですが、こう「今日は何観ようかな~」ってHuluの管理画面でジャンルから作品をぼーっと選ぶ時ってありますよね?

その選んでいる時間がもったいないんですよね。

 

 

今回は、そんな時間のロスをしないために、Huluで配信している海外ドラマのおすすめ「ホラー編」を僕の完全な主観で、あなたにおすすめします。

 

 

あくまで「僕の主観」なので、好みがもろに入っていますが、あまり気にしないで下さいね。(笑)

あなたが気に入った作品があればとても嬉しいです。

 

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

「アウトキャスト」

 

アウトキャスト」は、大人気ドラマ「ウォーキングデッド」と同じロバート・カークマンの原作で、悪霊や悪魔祓いをテーマにした物語です。

 

 

子供の頃から悪霊に付き纏われ、悲惨な目に遭ってきた主人公のカイルを中心に、怪奇現象に翻弄される人々を描いています。

 

 

ジャンルはホラーですが、児童虐待、DV、嫉妬、レイプ問題など、「人間」という存在にも重きを置いてストーリーが作られています。

 

 

悪霊などの怖さもさることながら、人間も怖いよね、といった事を考えさせられる作品となっています。

 

 

もちろん、ホラーとしても手を抜く事なく怖がらせてくれます。

特に最初の方は、グロテスクな描写が苦手な方はご注意下さいね。

 

 

ゾクゾクさせられること間違いなしの、ホラー好きにはおすすめのドラマです。

 

 

スポンサーリンク

「スーパーナチュラル」

スーパーナチュラル

 

スーパーナチュラル」は、悪霊ハンターのディーンとサムのウィンチェスター兄弟が、アメリカ全土を旅しつつ、悪霊、悪魔など超常的な存在を退治していくという内容のアクションホラーサスペンスです。

 

 

2005年に放映開始した大人気の長寿ドラマで、西部劇をイメージして作られており、アメリカ全土を旅をしながら悪霊を退治して問題を解決していく、ロードムービー的な一面も多くのファンに師事されています。

 

 

ホラーながら、全体的にグロテスクな描写は抑えめで、苦手な方でも安心して見る事ができます。

 

 

シリーズとしてはシーズン10まで配信されていますが、基本的には1話完結型のオムニバス形式で、1話ごと気軽に楽しむことができます。

 

 

 

スポンサーリンク

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」

ヴァンパイア・ダイアリーズ

 

ヴァンパイア・ダイアリーズ」は、ホラーラブコメディという、今までになかった新しいジャンルのドラマです。

 

 

ミスティック・ホールズという街を舞台に、主人公の女の子とヴァンパイア兄弟、その他の男子たちによる、恋愛ドラマ要素がかなり多い作品で、イケメンが多く登場することから、女性ファンの熱い支持で話題になりました。

 

 

もちろんホラー物としても、恐怖やグロ要素もあるので、苦手な方は気をつけて下さいね。

 

決して恋愛ストーリーだけではありませんから。

 

 

シーズン7で完結しており、huluで最初から最後まで一気に見られます。

永遠の命を持つヴァンパイアと、寿命のある人間の恋の行方が気になりますね。

 

 

スポンサーリンク

「エクソシスト」

エクソシスト

 

1970年代に大ヒットした、伝説のホラー映画「エクソシスト」のドラマ版で、少女に取り付いた悪魔と、それを祓おうとする神父の戦いを描いた作品です。

 

 

取り付かれた少女の首がぐるりと一回転するシーンや、ブリッジで走るシーンなど、原作へのオマージュも豊富にドラマに繁栄されています。

 

 

また、2017年に放送された第2シーズンでは、全く新しい舞台で新しいストーリーが展開されるなど、新旧のファンともに新鮮な気持ちで楽しめる作品となっています。

 

 

しっかりホラーはしていますが、血みどろのグロ要素はほぼありません。

ホラーが苦手な方でも、比較的ご覧になれるドラマではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

「グリム」

グリム

 

グリム」は、グリム兄弟の末裔である主人公の刑事ニックが、モンスターハンターとして、人間の姿を借りて世に潜む怪物「ヴェッセン」たちが起こす事件を解決してゆくという、刑事ドラマとダークファンタジーを掛け合わせた作品です。

 

 

2011年に始まったこの作品は、放送開始と共に若者の支持を受けて大ヒットドラマとなりました。

 

 

一時期、日本でも流行った書籍「本当は怖いグリム童話」のような、童話の残酷な一面にスポットを当てたストーリー展開が魅力となっています。

 

 

余談ですが、僕は「本当は怖いグリム童話」がとても気になり買った記憶があります。(笑)

なんか、ホラー要素のあるものに惹かれちゃうんですよね。

 

 

さて、「グリム」はジャンルはホラーですが、流血などスプラッター要素は少ないので、血が苦手な方でも比較的見やすい作品です。

 

 

2017年にシーズン6をもって、シリーズは完結して最終回を迎えています。ホラーが好きな方なら、最初から最後まで一気見して楽しめますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

「ストレイン沈黙のエクリプス」

ストレイン沈黙のエクリプス

 

ストレイン沈黙のエクリプス」は、ゾンビものではなく、ヴァンパイアと人間との戦いを描いた作品です。

 

 

JFK国際空港に着いたのち沈黙した旅客機。

管制塔の呼び掛けにも応答はなく、バイオテロが起きたのではと、疑いを持たれます。

 

 

その時、突然開いた飛行機の扉。

 

 

防護服に身を包み、機内に足を踏み入れた主人公たちは、乗客210名のうち206名までが亡くなった状況を確認します。

 

 

残った4人の生存者たちは帰されますが、実は寄生虫から感染してヴァンパイアになっていました。

そして、ヴァンパイアたちは人間を襲い、感染が拡大した結果、街はヴァンパイアだらけになってしまいます。

 

 

パシフィックリムと同じギレルモ・デル・トロ監督が制作したことで大きな話題になり、放映される前から大きく注目されました。

 

 

ドラマの質がもちろん高いのもありますが、良予想通り大ヒットして、既に4シーズン分放送されています。

 

 

「フリーキッシュ絶望都市」

フリーキッシュ絶望都市

 

フリーキッシュ絶望都市」は、平凡な高校生たちが、平和な日々から一転、地獄のサバイバルに巻き込まれるゾンビパニックドラマです。

 

 

主人公は、化学工場近くの高校に通う少年。

片思いを寄せる少女との距離を縮めようと、先生に頼み込んで出なくてもいい課外授業に参加します。

 

 

万事がうまく行くかと思われたその時、突如サイレンが鳴り響きます。

いつもの避難訓練かと思いきや、化学工場の爆発による振動が彼らを襲います。

 

 

外に出てみるとそこには立ち込める黒い煙が。

 

なんと煙に触れた者はゾンビとなり、周囲の人間を襲い始めます。

 

 

黒い煙によって閉ざされた高校を舞台に、繰り広げられる密室系ゾンビパニックです。

 

 

登場人物の殆どが高校生で、ゾンビ×青春学園ドラマという、ちょっと怖さが少ない物語です。

 

 

1話がなんと20分というショートストーリーでどんどん観れちゃいますよ。

 

 

「ノーエンド・ハウス」

ノーエンド・ハウス

 

元ネタはアメリカの都市伝説。どこかに突然現れるというお化け屋敷「ノーエンド・ハウス」に捉われた若者たちの物語。

 

 

興味本位で屋敷に踏み込んだ主人公のマーゴを始めとする大学の若者たちが、ノーエンド・ハウスに入り、恐ろしい体験をしていきます。

 

 

全編、なかなかのグロテスクさで、屋敷で次々と不気味な怪奇現象事が起こります。

屋敷から逃げ出そうとしても逃げられない、そんな恐怖感がマーゴ達をつつんでいきます。

 

 

しかし、恐怖だけで終わらないのがこの作品の良いところ。

 

 

マーゴは、仲の良かった父親を亡くしてふさぎ込んでいますが、この父娘の絆が物語に思わぬ展開をもたらします。

 

 

ストーリーとしてはグロテスクなシーンも多く恐ろしく恐怖感たっぷりですが、切なくもある。

 

 

ただ怖いだけじゃなく、人間としての尊厳についても深く描かれています。

 

 

深見のなるホラーを楽しみたい方にはおすすめです。

 

 

 

 

「キャンドル・コーヴ」

キャンドル・コーヴ

 

少期を過ごした町に帰ってきた主人公マイク。

町を離れる28年前、この町では彼の双子の兄を含む5人の子供が行方不明になっていました。

 

 

その内、マイクの兄だけは未だに遺体が見つかっていません。

再会した友人と話すうち、主人公たちは皆が見ていたある子供向け番組を思い出します。

 

 

番組の名は「キャンドルコーヴ」。

 

 

番組が再び放送され始めるとともに奇妙な事件が起こり始め、主人公たちは行方不明事件と番組の関連を疑い出します。

 

 

元ネタは海外のホラー掲示板に投稿された都市伝説というこの作品。

 

 

子供の頃に遭遇した事件に、大人になってから向きあっていくという流れは、スティーブン・キング原作の「IT」を彷彿とさせます。

 

 

ホラーのなかにサスペンスやミステリーの部分もあり、「キャンドル・コーヴとは?」「なぜマイクは帰ってきたの?」「マイクの兄エディは生きているの?」「子供たちに何が起こっているの?」など、謎が判然としないまま進んでいく物語は、何とも言えない不気味さを醸し出しています。

 

 

視聴後の、ちょっと気持ち悪さ感がたまらない人におすすめです。

 

 

「デス・ヴァレー ~密着! ロス市警アンデッド特別捜査班~」

デス・ヴァレー ~密着! ロス市警アンデッド特別捜査班~

 

デス・ヴァレー ~密着! ロス市警アンデッド特別捜査班~」の舞台はアメリカはロサンゼルス。

 

 

モンスターなど全く珍しくない世界。ロサンゼルス郊外のサンフェルナンドヴァレーでは、モンスターの不法行為が大問題となっていました。

 

 

ゾンビが町を徘徊し、ヴァンパイアは新たな犠牲者を求め、満月の夜にはオオカミ人間が人を喰らう。

 

 

そんな現状を打破するため、ロサンゼルス市警に新設されたアンデッド特別捜査班(UTF)は、市民の安全を守るため奮闘します。

 

 

この作品はそんな彼らに密着した、感動のドキュメンタリー風のホラーコメディです。

 

 

売春を取り締まられるヴァンパイア。

月夜の晩に変身しないよう厳重訓告を受ける狼男。

そして問答無用に射殺されるゾンビたち。

 

 

彼らの姿はどこか人間的で、寧ろ取り締まる側の警察の方が滅茶苦茶しているように映るのはなぜでしょうか。

 

 

真面目に見ると呆気にとられますが、肩の力を抜いて見ると良い感じに笑えますよ。

 

 

まとめ

まとめ

 

今回は「Huluのおすすめ海外ドラマ(ホラー編)10選はこれだ!」について紹介いたしました。

 

 

まとめると、

Huluのおすすめ海外ドラマ((ホラー編)10選はこちら
  1. アウトキャスト
  2. スーパーナチュラル
  3. ヴァンパイア・ダイアリーズ
  4. エクソシスト
  5. グリム
  6. ストレイン沈黙のエクリプス
  7. フリーキッシュ絶望都市
  8. ノーエンド・ハウス
  9. キャンドル・コーヴ
  10. デス・ヴァレー ~密着! ロス市警アンデッド特別捜査班~

ですね。

 

 

メジャーな作品も多く選んでみたので、どれをご覧になってもきっと楽しんでいただけると思います。

良かったら視聴して見てくださいね。

 

Huluのおすすめ作品についてはこちらをご覧ください。

 

とにかくHuluは海外のドラマの充実度がハンパないですから、好きな方はかなりハマると思いますよ。

おすすめです。(笑)

 

Hululについてはこちらの関連記事「Huluって何?メリットやデメリット・口コミの評判を徹底調査!」もどうぞご覧ください。

 

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Huluの公式ページはこちらをどうぞ。

Huluならいつでもどこでも海外ドラマや映画が見放題!⇒今すぐ無料でお試し

 

 

◆◇◆50,000本以上の作品が見放題!◆◇◆

Huluまとめ記事はこちらをチェック!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2019 All Rights Reserved.