あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

横浜スパークリングトワイライト2018の有料席のチケット・食事がすごい!

 
横浜スパークリングトワイライトアイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、まろです。

 

 

7月も10日を過ぎ、いよいよ横浜スパークリングトワイライト2018まであと少しとなってきましたね。

 

 

横浜スパークリングトワイライト2018

  • 日程:2018年7月14日 (土)、7月15日 (日)
  • 開始時間:19:30~20:00
  • 打ち上げ会場:山下公園前会場 (神奈川県横浜市中区)

 

場所はこちら

 

 

約3000発もの花火と横浜港の船によるシップパレード、他にライトアップされた船が海上を彩るトワイライトジュエリーポートなど、港町ならではの花火大会で、毎年多くの観光客で賑わう人気のイベントです。

 

 

せっかくの花火を混雑する人ごみの中より、2人だけでゆっくり鑑賞したいカップルや、小さな子供がいるので迷子が心配など、家族連れの方にぜひ読んでいただきたい内容となっています。

 

 

今回は、横浜スパークリングトワイライトの「有料席やチケット予約の方法」「食事をしながら花火が観れる方法」について紹介していきますね。

 

 

人ごみで込み合うなか、身動きとれずにイライラしてるくのって嫌じゃないですか!

僕は嫌です。

 

家族や恋人と笑顔がいっぱいの楽しい時間を過ごしたいですから。

 

 

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

1.横浜スパークリングトワイライト2018の有料席・チケット入手方法について紹介!

 

特別席

(画像はイメージとなります)

 

横浜スパークリングトワイライトでは有料席の大さん橋プレミア花火鑑賞席が用意されており、ゆったりと鑑賞することが可能です。

 

 

2018年の今年販売されている券種は、屋上の自由席が1人1000円、カップルで楽しめる岸壁ペア席が2人1組で5500円、写真撮影をしたい方のための岸壁三脚使用カメラスペースが1人4000円となっています。

 

 

また、別途注文した食事をしながら干渉できる岸壁テーブル席が1人3000円、食事が付いた岸壁テーブル席ディナーボックス付きが1人6250円、すべてが豪華なターミナルテラスVIP席ディナー付きが1人10000円となっています。

 

 

これらの大さん橋プレミア花火鑑賞席は各種チケットはチケットぴあの公式サイトやプレイガイドで予約や販売を取り扱っています。

チケットはこちらでどうぞ

チケットぴあ

 

 

いずれの席も毎年人気となっており規定数が無くなり次第終了となります。

もう販売終了になっているものあるかもしれません。

早目に手続きを行うのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

2.横浜スパークリングトワイライト2018を見ながら食事は出来る?おすすめは?

横浜スパークリングトワイライト食事

横浜スパークリングトワイライトの開始が19:30~という事で、夕食の時間と重なり、デート中のカップルや子供連れのご家族にとっては、食事をしてから観るか、観終わってから食べるか、悩む時間帯だと思います。

 

 

早めに夕食食べて花火に行くと、カップルだと、その前のデートコースに無理がでる・・・とか、家族連れだと、あまり早めに夕食を済ませると子供達が眠たくなってしまう、または早めに食べすぎると夜にもう一食必要になってくるなど、細かい悩みは尽きません。

 

 

周辺には飲食店もありますが、混雑する中で移動に時間がかかればせっかくの花火の絶好のシーンを見逃してしまう可能性もあるので、できるだけ近くで済ませたいですよね

 

 

食事つき有料席

 

そんな問題を解決する手段のひとつが、前述の食事がセットになった有料席を利用する方法があります。

これでしたら、食事をしながら花火を楽しめる、さらに特別席ですので、混雑を気にせず大切な人との時間を楽しく過ごせます。

 

 

ただ、この食事つきの有料席はとても人気のため、事前に売切れてしまうことも多いです。

チケット販売はこちらでどうぞ

チケットぴあ

 

 

フードコート

 

もうひとつお食事を楽しめる方法があります。

横浜スパークリングトワイライトでは毎年フードコートもオープンしており、今年はどんなお店が出店するのか楽しみにしている方も少なくありません。

 

 

観光客も多い花火大会なので、軽食からカフェなど多くのお店が出店しています。

特別席だけ用意して、食事はフードコートで買って食べる、というのもいいですね。

 

 

花火を観ながら一緒に食べる食事は、たとえ軽食でも美味しくなりますし、それ自体が「一緒に食べた」思い出になりますからね。

 

 

おすすめです。

 

 

「シーサイドレストラン&バー」

 

横浜スパークリングトワイライト2018では、山下公園の東口、おまつり広場の周辺に「シーサイドレストラン&バー」と銘打って横浜の老舗レストランが出店し、11時30分から20時30分までオープンすることが決定してます。

 

 

これはめちゃくちゃ嬉しい!

 

お店の味をそのままに開放感のある場所で楽しむことができ、午後にはお酒を提供するバーコーナーもオープンします。

 

 

お酒も飲めるスペースですから、大人の方には午後以降に行くのもおすすめです。

 

また、今年は昨年好評だったアジアの食をテーマにした第2コーナーも設置され、お食事から異国情緒を味わいたい方におすすめです。

 

 

フードコートで食べながら花火を鑑賞も楽しいですが、人気の花火大会のため、出店やフードコードも混みあう事が予想されます。

買ったり食べたりは早めの準備がおすすめです。

 

 

それにしても、

なんて充実しているんだ、横浜の夜!

 

 

スポンサーリンク

3.まとめ

横浜スパークリングトワイライトまとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回は「横浜スパークリングトワイライト2018の有料席のチケット・食事がすごい!」について紹介しました。

 

 

まとめると

  • 横浜スパークリングトワイライトの有料席のチケット - 1人用、2人用、食事つきなどいろいろありますが、人気のためチケットの購入は早めをおすすめします。

こちらでどうぞ

チケットぴあ

 

  • 花火を見ながらの食事について - 食事つきの有料席を始め、フードコートも充実しています。その場で食べるのも雰囲気があっていいですが、混みあう事もあります。

 

 

お洒落な街、横浜だけあって、フードコートもお洒落なお店が並びそうですね。

それを楽しみのするのも、一つの楽しみかもしれませんね。

 

 

大切な人と楽しい時間をお過ごしください。

 

横浜スパークリングトワイライトについてはこちら

 

もご覧くださいね。

 

おすすめ情報がいろいろ書いてありますよ。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

◆◇◆全国花火大会まとめ記事で他の花火大会も要チェック!◆◇◆

全国花火大会まとめ記事はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.