あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

天神祭奉納花火2018の場所取りや有料席のチケット・屋台をチェック!

2018/07/24
 
天神祭奉納花火アイキャッチ01
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

 

 

大阪天神祭は1000年以上続く日本三大祭りの一つ。

「東京の神田祭」「京都の祇園祭」と肩を並べる由緒ある祭りとして有名で、水上パレードと花火を同時に楽しむ事が出来るイベントで、毎年多くの人が訪れています。

 

 

そしてその天神祭の最後を飾るのが「天神祭奉納花火」。

その迫力はとても幻想的で毎年多くの人を魅了しています。

 

 

日程や詳細はこちら

 

天神祭奉納花火2018の日程・詳細

 

  • 名前:天神祭奉納花火
  • 日程:2018年7月25日(水)
  • 時間:19:30~20:50
  • 打ち上げ場所:大阪府大阪市北区、都島区 / 川崎公園・桜之宮公園
  • 打ち上げ数:約5000発
  • 打ち上げ時間:約80分
  • 前年の人出:約130万人
  • 荒天時:中止

 

打ち上げ場所はこちら

 

 

 

 

会場案内はこちら

天神祭奉納花火会場

 

 

今回はそんな天神祭奉納花火の「場所取り」「有料席のチケット」「屋台」について詳しく調べてみました。

 

 

あなたが誰かと天神祭奉納花火を観に行く参考になれば嬉しいです。

 

 

天神祭奉納花火についてはこちら「天神祭奉納花火2018のアクセスと最寄り駅・混雑回避に駐車場を調べた結果!」もぜひご覧ください。

混雑回避方法など詳しく書いてありますよ。

 

 

それでは行きます。

 

 

スポンサーリンク

1.天神祭奉納花火2018の場所取りについて!

場所取り

 

天神祭奉納花火は大阪市北区にある大阪天満宮で行われる大阪三大夏祭りの一つ「天神祭」の本宮(祭りの本番)の夜に行われます。

 

 

場所取りについてですが、会場となる「 川崎公園・桜之宮公園」ともに毎年多くの見物客で混雑します。

 

 

当然場所取りは早めにしておくことをおすすめします。

出来る事なら前日からしておくと安心です。

 

 

しっかり場所を確保しておきたいのであれば、当日の午前中の内には済ませておいた方がいいでしょう。

午後からはかなり厳しいかもしれません。

 

 

ただ、この天神祭奉納花火は、連続して打ち上げられるタイプではありません。

歩いて屋台などを見て周りながら、祭りの雰囲気と花火を楽しむといった感じにするのもいいかもしれません。

“がっつり花火を観る”と言うよりは、風情を楽しむといった感じですね。

 

 

演出として「大人の余裕」ですね。(笑)

 

 

また、川沿いに公園や散歩道、川にかかる橋があります。

そういった場所からも観ることも出来ます。

ただ地形的に川が湾曲しているうえ、木々や橋など障害物で見難い場所もあります。

 

 

行く前に事前の穴場スポットを決めておくと、当日慌てる事もなくなりますね。

 

天神祭奉納花火の混雑回避や穴場スポット情報はこちら「天神祭奉納花火2018のアクセスと最寄り駅・混雑回避に駐車場を調べた結果!」もご覧くださいね。

詳しく書いてあります。

 

 

スポンサーリンク

2.天神祭奉納花火2018の有料席のチケット情報!

チケット

 

天神祭奉納花火は大阪の夏の風物詩でもあり、また公共交通機関でアクセスしやすい場所で行われるので、例年沢山の人で混雑します。

 

天神祭奉納花火には有料席が用意されていて、チケットを事前に買っておく事が出来ます。

 

特別観覧席 (有料席)

  • テーブル指定席:5,500円
  • 砂浜自由席:4,000円

 

※問い合わせ先:「天神祭特別観覧席」事務局 TEL 06-6809-1588

または
「チケ探」でチケットを購入
また花火は川沿いで打ち上げられることから屋形船からも観覧出来ます。

屋形船はお弁当や飲み物が付いて料金は船によって様々。

1万円~2万円ぐらいが適当でしょうか。

 

詳しくはこちらをご覧くださいね。

 

 

他に花火がよく見えるホテルやレストランでも、この天神祭奉納花火に合わせて様々なプランが用意されています。

一度探してみるのもいいかもしれません。

 

 

打ち上げ会場よりも快適に観れる場所があるかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

3.天神祭奉納花火2018の屋台をチェック!

豊橋祇園祭屋台

 

天神祭奉納花火では屋台も沢山出ます。

 

 

お祭りの屋台ですから、色々なオモチャが売っています。

金魚釣りやたこ焼き、綿菓子、ラムネなど子どもが喜びそうなものが多いです。

 

 

屋台は花火の打ち上がる大川沿いに多く並びます。

また、近くの天神橋筋商店街や大阪天満宮の境内などにもあります。

 

 

天神橋筋商店街の場所はこちら

 

 

大阪天満宮の場所はこちら

 

 

花火の開始時間が近づくにつれて屋台も混雑してきます。

食べ歩きやちょい食べを楽しむなら、早めに屋台に行って楽しみましょう。

 

 

スポンサーリンク

4.まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回は「天神祭奉納花火2018の場所取りや有料席のチケット・屋台をチェック!」について紹介しました。

 

 

ゆっくりと良い席で観るのなら、やはり有料席が間違いありません。

デートで観に行くならやはりしっかりと花火が観れるいい席を用意してあげる事も大切ですね。

 

 

しっかりとプランを考えて、ぜひ天神祭奉納花火を楽しんできてくださいね。

 

 

天神祭奉納花火についてはこちら「天神祭奉納花火2018のアクセスと最寄り駅・混雑回避に駐車場を調べた結果!」もぜひご覧ください。

混雑回避方法など詳しく書いてありますよ。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

◆◇◆全国花火大会まとめ記事で他の花火大会も要チェック!◆◇◆

全国花火大会まとめ記事はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.