あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

旭川夏まつり道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れおすすめスポットがスゴかった!

 
葛飾納涼花火大会アイキャッチ01
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

 

 

北海道旭川市の夏祭りのオープニングを飾る「旭川夏まつり 第66回道新納涼花火大会」。

 

 

毎年多くの人が花火を楽しみにあつまり、とても賑わう人気の花火大会です。

目玉は何と言っても多彩なスターマイン。

4,500初の花火が華々しく祭りのスタートの合図となります。

 

 

旭川夏まつり道新納涼花火大会の日程や詳細はこちら

旭川夏まつり道新納涼花火大会2018の日程・詳細

 

  • 名前:旭川夏まつり「第66回道新納涼花火大会」
  • 日程:2018年8月2日(木)19:45~
  • 打ち上げ数:4,500発
  • 前年の人出:約12万人
  • 荒天時:2018年8月3日(金)に延期
  • 北海道旭川市 / 旭川市内石狩川河畔(旭橋~新橋間)
  • 問合せだ先:北海道新聞旭川支社事業(平日9:30~17:30) 0166-21-2555

 

打ち上げ場所はこちら


 

 

今回はそんな「旭川夏まつり道新納涼花火大会」の「穴場」「親子連れおすすめスポット」について詳しく紹介していきますね。

 

 

「旭川夏まつり道新納涼花火大会」については他にもこちら

 

もご覧ください。

 

 

それでは行きます。

 

 

スポンサーリンク

1.旭川夏まつり道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れのおすすめスポット1.

子連れ穴場01

 

親子連れで見物できる穴場やおすすめスポットをご紹介します。

 

まず、ひとつめは「金星公園」です。

 

場所はこちら

 

会場からは少々離れているため迫力に欠けますが、芝生があるのでシートを敷けばゆっくりと見物できます。

 

 

子供が花火に飽きてシートから離れても公園なので遊ばせておくこともできます。

 

 

車の心配も有りませんので、特に小さな子供がいるご家庭におすすめのスポットです。

 

レジャーシートと虫よけスプレーをお忘れなく。

 

 

フマキラー スキンベープ 虫よけスプレー ミストタイプ 爽快シトラスマリンの香り(60ml)【スキンベープ】

 

 

スポンサーリンク

2.旭川夏まつり道新納涼花火大会道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れのおすすめスポット2.

子連れ穴場02

 

旭川夏まつり道新納涼花火大会を親子連れで見物するのにおすすめの穴場スポット2つ目は、「石狩川の河川敷」です。

 

 

場所はこちら (赤枠内の河川敷辺りです)

穴場2

 

 

石狩川に沿って遊歩道が敷設されている上に、斜面に沿って芝生になっているためシートを敷けばどこからでも見物できます。

 

 

会場も河川敷で川沿いにずっと繋がっているので、会場から歩いて人の少なくなった辺りで見学すると良いでしょう。

 

 

旭橋から金星橋の間の河川敷が会場からの距離も近いので特におすすめです。

 

 

人気のスポットのため、少し混雑するかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

3.旭川夏まつり道新納涼花火大会道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れのおすすめスポット3.

子連れ穴場04

 

旭川夏まつり道新納涼花火大会を親子連れで見物するためのおすすめの穴場スポット3つ目は、「旭西橋の上」です。

 

場所はこちら

 

旭西橋は会場からあまり離れていないこと、河川敷よりも高い位置から見ることができるので、より迫力のある花火を見物することができます。

 

 

しかし、片側2車線の道路で、旭川中心部に近いため交通量が比較的多めです。

小さなお子さんを連れて行く時は、手をしっかり握って離れないようにしてあげましょう。

 

 

橋の歩道から見物することになるので、じっと立ったまま動かずに見ることができる小学校高学年くらいから上の子供連れには最適です。

 

 

より高い位置から花火を鑑賞出来て、打ち上げ会場より優越感も味わえるかも!?

雰囲気が違い面白いスポットですよ。

 

 

スポンサーリンク

4.旭川夏まつり道新納涼花火大会道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れのおすすめスポット4.

子連れ穴場05

 

旭川夏まつり道新納涼花火大会を見物できる親子連れにおすすめの穴場スポット4つ目は、「金星橋の上」です。

 

場所はこちら

 

旭西橋よりもひとつ道路を隔てているため、花火の迫力は旭西橋からよりも若干欠けてしまいますが、その代わり見物客がやや少なく場所を確保しやすいことが大きなポイント。

 

 

但し、旭西橋同様に車道横の歩道から見物することになります。

小さな子供がいる場合はお子さんとしっかり手を繋いだり、肩車したりと、親から離れないように気を付ける必要があります。

 

 

スポンサーリンク

5.旭川夏まつり道新納涼花火大会道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れのおすすめスポット5.

子連れ穴場06

 

旭川夏まつり道新納涼花火大会を親子連れで見物するためのおすすめ穴場スポット最後は、市内のホテルです。

 

 

旭川駅前にはたくさんのホテルがありますが、会場は駅から離れているので、なるべく駅から遠いホテルがおすすめです。

 

 

旭川市役所周辺のホテルなら会場からも近いので見物に適しています。

 

 

花火が見える部屋が空いていれば予約時に指定できるので、混雑はいやだけど花火を見たい場合や、涼しい場所から見物したい場合などにおすすめです。

 

 

カップルや家族連れの方にはおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

6.まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回は「旭川夏まつり道新納涼花火大会2018の穴場や親子連れおすすめスポットがスゴかった!」について紹介しました。

 

 

親子や子連れには、やはり穴場スポットが大切です。

ゆっくり混雑せずに花火を観たいですよね。

参考になれば嬉しいです。

 

 

他にも旭川夏まつり道新納涼花火大会についてはこちらもご覧くださいね。

詳しい情報が書いてあります。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

◆◇◆全国花火大会まとめ記事で他の花火大会も要チェック!◆◇◆

全国花火大会まとめ記事はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.