あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

津花火大会2018の場所取りや穴場おすすめ・屋台や見どころの情報満載!

2018/07/14
 
津花火大会アイキャッチ02
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

 

 

もうすぐ津花火大会です。

今年はなんと1万1500発が予定されています。

これはかなりの迫力が期待できます!

 

 

津花火大会は大正時代から続く歴史ある花火大会。

海上を舞台に船2隻から繰り出される100連発花火など見応えある抜群の演出が特徴です。

 

 

見物は砂浜から臨場感あふれる花火を楽しむことができ、毎年人手が増えているのも納得です。

 

 

だって迫力ありますもん!

 

 

津花火大会の日程はこちら

津花火大会日程 ~夏・華・美 2018~

  • 日程:2018年7月15日 (日) ※荒天時は7月16日(月)
  • 開始時間:19:45~21:00
  • 打ち上げ場所:津市阿漕浦海岸

場所はこちら

 

  • 打ち上げ時間:75分
  • 前年の人出:約15万人

 

 

今回はそんな津花火大会の「場所取り」「穴場スポット」「屋台」「見どころ」について紹介しますね。

 

 

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

1.津花火大会2018の場所取り方法は?

場所取りまとめ

津花火大会の会場は何時から場所取りをしていても大丈夫です。

海辺での打ち上げとなるので、多くの人が砂浜に座って見たりしています。

 

 

浜辺で観覧できますので、海岸線沿いに歩いていけば遮るものもなく、どこからでもご覧になれますよ。

 

 

場所取りなどルールはありませんが、一般常識にのっとってしていただいた方がトラブルも少ないかと思います。

 

 

まあ昼過ぎくらいから行っても十分間に合うような気がします。

今年は分かりませんが・・・・。

 

 

必要なものとして「レジャーシート」と「虫よけスプレー」の2点。

何かあっても困らないように、レジャーシートや虫よけスプレー、飲み物などを持って行くと良いでしょう。

 

大きい レジャーシート 厚手 約200×200cm 折りたたみ 選べる6色【手洗い可】(大きい 洗える 肩掛け バッグ型 防水 おしゃれ 運動会 アウトドア 夏休み 海 かわいい ピクニックシート チェック ストライプ) yct

スキンガード アクア 50ml【stamp_cp】【stamp_005】

これだけはマストアイテムとしてご用意くださいね。

カップルで行くにしても、子供を連れて家族で行くにしてもです。

 

 

混雑の中、ちょっと休憩したり、虫が気になって花火に集中でき何のも嫌じゃないですか!?

 

 

僕は嫌ですね。

娘が蚊に刺されてかゆそうにしているのを見ているのは。

 

レジャーシートは人ごみの中、ちょっと座って休憩したり、夜の砂浜なので湿っていることもあり、それを防ぐために必需品ですね。

良かったらこちらからどうぞ

大きい レジャーシート 厚手 約200×200cm 折りたたみ 選べる6色【手洗い可】(大きい 洗える 肩掛け バッグ型 防水 おしゃれ 運動会 アウトドア 夏休み 海 かわいい ピクニックシート チェック ストライプ) yct

 

スキンガード アクア 50ml【stamp_cp】【stamp_005】

 

 

 

僕は絶対持っていきますよ、レジャーシートと虫よけスプレー。

 

 

スポンサーリンク

2.津花火大会2018の穴場はここがおすすめ!

見どころ

津花火大会は、この地方でも人気の花火大会です。

会場で打ち上げるので浜辺で自由に観覧できます。

その分混雑することも多く、場所取りもかなり厳しい場合があります。

 

 

そこで穴場をいくつか探してみました。

良かったらここからご覧ください。

以外に見易かったりするかもしれませんよ。

 

 

1.ベイシスカ

 

津市から愛知県のセントレア空港までのフェリー発着場です。

レストランやカフェもあり、ここからも花火がご覧になれます。

 

駐車場もありますが、渋滞や混雑する場合があります。

 

場所はこちら

 

 

2.御殿場海岸

 

まさに打ち上げ場所の阿漕浦海岸から海岸続きで歩いていけます。

夜風に吹かれながら花火を見ながら浜辺を散歩するのも良い感じですね。

 

 

この御殿場海岸には休憩できる海の家もあり、花火当日はお店を空けていることが多いので、簡単な食事や軽食を食べながら打ち上げ花火を鑑賞出来ますよ。

 

 

なんせ目の前が浜辺で遊べますから、子供連れでも退屈しないのでは!?

でも子供からは目を離さないようにしてくださいね!

 

場所はこちら

 

 

3.安濃川の堤防 (中川原海岸)

 

少し打ち上げ会場からは離れていますが、その分混雑も少なくゆっくりご覧になれますよ。

 

この距離でもスターマインの迫力はすごいです!

 

場所はこちら

 

 

4.ベイスクエア津 Lut’s (ラッツ)

 

商業施設の屋上駐車場を解放してくれています。

食糧品やトイレもあるので、ちいさな子供連れでも安心。

 

 

駐車場の場所にもよりますが、車内から見える位置もあり、カップルにはぴったりのシチュエーションになりますね。

 

場所はこちら

 

 

5.津競艇場

 

津競艇場も津花火大会に合わせて、毎年駐車場を開放してくれています。

場所は「ベイスクエア津ラッツ」のすぐそばになります。

 

駐車台数も

  • 第1駐車場 614台
  • 第2駐車場 370台
  • 第3駐車場 588台
  • 第4駐車場 208台
  • 第5駐車場 623台

計2,403台もの駐車が可能です。

 

ここから御殿場海岸まであるいて移動することができ、そこからゆっくりと花火を鑑賞出来ます。

 

この駐車台数ですから、それほど混雑することもありません。

 

場所はこちら

 

 

ここで紹介した穴場のいずれかなら、間違いなく混雑や渋滞にあわずゆっくりと花火が楽しめると思います。

 

ぜひ試してみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

3.津花火大会2018の屋台情報は?

屋台

例年、津花火大会には数多くの屋台が出店しています。

2017年にはおよそ150店が出店し大盛況だったので、今年2018年においても同じ規模で出店すると予想されます。

 

 

定番のたこ焼きや焼きそば、フランクフルトやフライドポテトといった小腹が満たせるメニューが豊富です。

屋台はやはり食べ物屋さんがいいですよね。

 

 

最近はいろいろなお店屋さんもあちこちの花火大会やお祭りで出店しています。

豚まんや牛串、ケバブ料理やタコスなど、本当に多国籍でお手軽に食べられる美味しいものも多くあります。

これだけでお腹いっぱいになりそうですね。

 

 

やはり「花」よりだんごですね。(笑)

 

 

座って食べたり、立って食べたり、それぞれのシチュエーションで食べられるものは豊富にあります。

行く相手に合わせて選ぶのも楽しいですね。

彼女や彼氏と行くのか、子供を連れていくのか、で選ぶ屋台も変わりそうですよね。

 

 

それが楽しい時間なんですが。

 

 

こぼしたり手についたりした時のため、ウエットティッシュは必須です。

着物にこぼさないように気をつけましょう。

 

 

津花火大会は屋台の出展数も多いので、お祭り気分、イベント感を味わうため各地から訪れる方もたくさんみえますよ。

 

 

150店にもなる屋台あ出店、う~~ん、楽しみです!

 

 

スポンサーリンク

4.津花火大会2018の見どころは?

 

津花火大会見どころ

7月14日追記


↓ここから

 

今年の津花火大会は「~夏・華・美 2018~」をテーマに打ち上げ総数11,500発の打ち上げ花火が行われます。

 

 

そして今年2018年に初登場する「青一色だけで構成した大スターマイン」がおすすめです!

「全部、青い。」というどこかで聞いたフレーズがついていました。(笑)

正式には「マリンブルーの輝き」といいます。

 

 

青色だけで構成された花火が10番目のプログラムとして、最終20:47頃から打ち上げられます。

 

 

これはぜひぜひぜひ観てください!!

 

そしておすすめの花火もう一つ。

それがこの「マリンブルーの輝き」のすぐあとのプログラム「ツツジ繚乱」。

 

 

やっぱり「百花繚乱」から来てるんでしょね・・・・。

11番目のプログラムとして20:54分ごろから打ち上げが始まります。

 

 

とにかく、これは津市の花である「ツツジ」をイメージした尺玉10発を一斉打ち上げします。

それを3段階の仕掛けで「魅せる」ようです。

 

 

尺玉10発ですよ!

 

もう楽しみしかありませんよね!

 

 

絶対観にいきましょうね!

 

こちらが本日発表になった津花火大会2018のプログラムです。

参考にどうぞ。

 

  • 19:30  - ウエルカムの打ち上げ
  • 19:40  - 大会会長あいさつ
  • 19:45 - シリーズ1 華麗なるオープニング  ★定番の尺玉5方向扇打ち一斉開花で華麗にスタート!
  • 19:47 - シリーズ2 津に咲き誇る一輪の華 ★どこか懐かしい「一輪花」と「たんぽぽ」が四方八方に飛ばした綿毛を見事に表現!
  • 19:54 - シリーズ3 水鏡の世界  ★津ならではの斜め打ち演出で幻想的な水鏡の世界へ!
  • 20:02 - シリーズ4 PREMIUM FIREWORKS  ★変色を繰り返す至極の一玉、秋田県大曲の花火  内閣総理大臣賞受賞作品「幻想イルミネーション」等プレミアム花火をお見逃しなく!
  • 20:09 - シリーズ5 ○づくし  ★輪っかの花火がクルクル回転!世界の花火師も注目!
  • 20:16 - シリーズ6 海の友達に会いに行こう! ★海の生き物たちを斜め打ち!海面で遊ぶ魚たちにほっこリ!
  • 20:23 - シリーズ7 千変万化 ★花火師イチオシの何度も色の変わる花火にアッと驚くこと間違いなし!津市PRキャラクター「シロモチくん」にも注目
  • 20:30 - シリーズ8 ザ・グラフィックアート ★津ならではの斜め打ち。花火の光が色を変化させながらスライドする「グラフィックアート」など通も唸る演出!
  • 20:37 - シリーズ9 海上大孔雀~百花爛漫~ ★津花火大会名物!船2隻から次々と繰り出される100発連続海上花火!今年はサプライズ演出も!
  • 20:47 - シリーズ10 マリンブルーの輝き ★津の夜空が「全部、青い。」青色の花火が夜空いっぱいに広がる!
  • 20:54 - シリーズ11 ツツジ繚乱 ★尺玉10発一斉打上!市の花「ツツジ」をイメージした3段階咲きの大仕掛け!
  • 20:57 - シリーズ12 フィナーレ!津の夜空に金銀の大瀑布 ★この夏一番の感動と興奮を!圧倒的なボリュームで壮大に締めくくり!

 

↑ここまで追記


 

 

全国各地で大小様々な花火大会が開催されますが、津花火大会は「総理大臣賞」を受賞している数少ない花火大会として知られているのが津花火大会です。

 

海上で打ち上げるので花火の動きにアクセントを付ける事ができ、中でも斜め打ちという打ち方は水面の上で打ち上げを行う津花火大会ならではです。

 

 

また、海面に反射して揺れ動く花火を合わせて見るのもとても風情があり、これこそ現地でしか観られない、花火大会の醍醐味ではないでしょうか。

 

 

そして最後のスターマインの乱れ打ちは圧巻の一言につきますね。

もし、最初から見られなかったとしても、打ち上げ終盤のスターマインはぜひご覧ください。

 

 

これが津花火大会の醍醐味ですから!

おすすめです!

 

 

スポンサーリンク

5.まとめ

横浜スパークリングトワイライトまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「津花火大会2018の場所取りや穴場おすすめ・屋台や見どころの情報満載!」について紹介しました。

 

ポイントは

  • 津花火大会2018の場所取りは? - 特に場所取りのルールはありません。阿漕浦海岸の良いスポットを探してみてください。
  • 穴場やおすすめスポットは? - いくつか紹介してあります。良かったら参考にご覧くださいね。
  • 屋台はどうなの? - 今年も約150店の屋台や出店が出店予定。何を食べるか迷いますね。
  • 見どころは? - やはり会場から打ち上げるスターマインがおすすめです。連発花火の迫力は圧巻です!

 

 

津花火大会は大正時代から続く伝統ある花火大会ながら、毎年花火のデザインを凝らすなど、技術的にもとても注目されています。

 

 

ぜひ大切な人と津花火大会で素敵な時間をお過ごしください。

 

津花火大会についてはこちらも「津花火大会2018の駐車場や交通規制・シャトルバス情報をチェック!」

ご覧くださいね。

 

駐車場やシャトルバスについて詳しく書いてありますから。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

◆◇◆全国花火大会まとめ記事で他の花火大会も要チェック!◆◇◆

全国花火大会まとめ記事はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.