あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

城田優は歌上手いって本当?歌下手の噂もあるし一体どっちだ?

2018/11/16
 
城田2
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、まろです。

 

城田優さんと聞いて、何を連想するでしょうか。

 

 

ハーフ特有の顔であったり、高い身長であったり、人により思いつく事は様々でしょう。

 

 

そんな城田優さんですが、歌上手い?歌下手?

どっちも聞いたことがありませんか?

上手いと下手の両極端で取り上げられる方も珍しいのではないでしょ

うか。

 

 

そこで、今回のテーマは城田優さんの歌に関して見ていきましょう。

 

 

それではいきます。

 

スポンサーリンク

城田優は歌上手い?それとも歌下手?

城田4

 

城田優さんの肩書には、シンガーソングライターというのも入っています。

 

城田優さんのデビューは舞台です。

昔から歌が好きで、その事から自然と芸能界への道を意識していたといいますから、デビューが舞台というのは頷けるものであると言えます。

 

 

舞台俳優には本業の歌手に負けない実力の方が多くいますので、

その中にシンガーソングライターの肩書を持っている城田優さんの名前があったとしても不思議ではありません。

 

 

 

そんな城田優さん、映画の吹き替えでも歌っています。

城田歌1

 

高畑充希さんとの映画「シンデレラ」日本語吹き替え版でのデュエット。

 

 

城田歌2

神田沙也加さんドラマ「表参道高校合唱部!」でのデュエットなどが記憶に新しいのではないでしょうか。

 

 

高音を響かせるような歌声ではありませんが、

低い声を上手く生かした歌い方で、心地いいと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

 

ここまで見てみると、上手いと言われることはあっても、下手だと言われることはないのではないか、と思います。

 

 

スポンサーリンク

実際の評価はどうなのか?

城田歌3

 

結局、歌上手いの?歌下手なの?

気になりますよね。

 

 

一般論としては、上手いというのも、下手だというのも個人差があります。

ファンの方には心地よく聞こえる歌声も、嫌いな人の耳には雑音に聞こえるものです。

 

 

そもそも、歌が下手な人というのはどんな人でしょうか?

 

 

音程がズレていたらどうでしょう?

声量が足りない人はどうでしょうか?

リズム感というのもあるでしょう。

 

 

こういった、歌が下手である、という風に言われてしまいそうな要素のあるなしで決まるとすれば、

普段みなさんが聞ける音源の中には城田優さんが下手であるという要素は見て取れないのではないでしょうか。

 

しかし、だからといって上手いと断言することができるのかと言えば、そうでもないといえます。

 

 

歌の上手い人、というのは身近にもいると思います。

しかし、城田優さんが、その身近にいる歌の上手い誰かより上手いと言えるか、という問題です。

はたして、一般人と芸能人で上手いことに差はあるのでしょうか。

 

 

そこに差はあるという専門家もいれば、ないという専門家もいます。

ただ、差は無いという専門家も「歌を歌うことによってお金を稼いでいる」という精神的な差がある、としています。

 

 

 

歌の上手い下手、というのは本当に難しいですね。

自分の好きな歌手がいても、友達も同じ歌手が好きとは限らない、

といった事と同じように捉えて、「個人差がある事」という風に考えるといいかもしれません。

自分は好きだけど、誰かは嫌いといった程度に捉えるという事ですね。

 

 

最後に、とあるボイストレーナーの方はこういいます。

 

 

 

「歌うことを収入源にしようと本気でやっている人と、歌が少し上手いだけの一般人を比べても仕方ない」だそうです。

 

 

城田優さんに関して言えば、歌うことがメインではないと思いますが、歌うことで収入になっているという点でいえばプロと言ってもいいのではないでしょうか。

 

 

城田優さんの歌を使いたいという人がいて、それに応える人がいるわけですから、

上手くても下手でも聞く側が取捨選択すればいいと思えるようになると、発信する側も受信する側も嫌な思いをしなくてよくなるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

城田2

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回は「城田優は歌上手いって本当?歌下手の噂もあるし一体どっちだ?」について紹介しました。

 

 

城田優さんは歌上手い?歌下手?という事について書いてきました。

 

 

どんな事でも同じですが、特に歌の上手い下手というのは、感じ方の個人差が大きいという事がわかりました。

その人物が好きであれば上手く聞こえ、嫌いであれば不快に聞こえるのです。

 

単純ですが、奥が深いですね。

ある程度の技術があるという場合、そういう判断に依るのが一番的確なのではないでしょうか。

 

 

城田優さんの関連記事についてはこちらをご覧くださいね。

◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆

城田優まとめ記事はこちら!

◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.