あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

メッセージカードの書き方はこんなに簡単!用途別にまとめたよ(2)

2018/06/12
 
メッセージ悩み
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、まろです。

 

 

メッセージカードの文例を季節のイベントや用途別に分けて書いてきましたが、こちらは用途別の第二弾。

 

いざギフトなどに添えるメッセージカードを書く際に困った時に、すぐに使える便利な参考文例集です。

 

 

さて商品も用意したし、気持ちを一言書いてお渡ししよう、とカードを目の前にして5分以上固まった経験、

あなたはありませんか!?

 

 

そんな時には、すぐにこちらを読んで参考にしていただけたら嬉しいです。

このページだけでなく、他にもメッセージカードの文例については

「メッセージカードの書き方ってこんなに簡単!「春/spring!」編」

「メッセージカードの書き方ってこんなに簡単!「夏/summer!」編

「メッセージカードの書き方ってこんなに簡単!「秋/冬」編」

「メッセージカードの書き方はこんなに簡単!用途別にまとめてたよ(1)」

にそれぞれ詳しく書いてあります。

 

参考になるものもあるかと思います。

良かったら一度ご覧くださいね。

 

 

それでは今回は用途別文例集の第二弾を紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク

 

「個展・展示会・劇場・発表会」

 

発表会

 

・「○○の開催おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。」

 

 

 

・「ご招待ありがとう。楽しい時間を過ごすことが出来ました。

これからも頑張ってください。」

 

 

 

・「御祝 ○○より  △△より」

 

 

 

・「いよいよ発表の時ですね。日頃の成果を充分に発揮されますようお祈り申し上げます。」

 

 

 

・「○○の案内ありがとうございます。残念ながら伺う事ができませんが、

心からご成功をお祈りいたします。」

 

 

 

・「発表会のご成功をお祈りいたします。」

 

スポンサーリンク

「受賞・表彰」

 

Trophy

 

・「長年の功績が認められて叙勲の栄誉に輝かれた事、心よりお祝い申し上げます。

 

 

 

・「栄えある受賞を祝し、今後さらなるご健勝とご活躍をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

「還暦・喜寿・米寿」(長寿祝い)

 

長寿

 

・「○○のお祝い申し上げます。」

 

 

 

・「○○おめでとうございます。これからもお体に気をつけて、充実した毎日をお過ごしください。」

 

 

 

・「○○おめでとう。これからは健康に気をつけてね。

 

 

 

・「(おじいちゃん・おばあちゃん)、○○おめでとう。またみんなで会いに行くね。」

 

 

 

・「(おじいちゃん・おばあちゃん」、いつもありがとう。いつまでも元気でいてね。

 

 

 

・「お健やかに○○のお祝いを迎えられ、誠におめでとうございます。」

 

 

 

 

スポンサーリンク

「送別」

 

送別

 

・「いろいろありがとうございました。これからのご活躍を期待しています。

 

 

 

・「大変お世話になりました。これからも頑張って下さい。」

 

 

 

・「新天地でのご活躍をお祈りしています。」

 

スポンサーリンク

「お見舞い」

 

お見舞い

 

・「1日も早いご快復をお祈り申し上げます。」

 

 

 

・「1日も早く元気になってください。

 

 

 

・「みんなが○○さんの復帰を待っています。早く元気になってくださいね。」

 

 

 

・「おかげんはいかがでしょうか。改めてお見舞いに伺わせてもらいます。」

 

 

 

・「遠くにいてお見舞いになかなか伺えず心苦しいのですが、

早く良くなるよう願っています。」

 

 

 

・「無理をなさらず、ゆっくりとご静養くださいませ」

 

スポンサーリンク

「快気祝い」

 

youth-joy

 

・「ご退院おめでとうございます。」

 

 

 

・「退院おめでとう。しばらくの間は無理をしないように。

 

 

 

・「全快おめでとうございます。お目にかかる日を心待ちにしています。」

 

 

 

・「ご退院おめでとうございます。くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。」

 

「お悔み」

 

泣く

 

・「○○様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

・「在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。」

 

 

 

・「ご生前ご厚情に感謝し、心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

・「ご霊前(ご仏前)にお供えくださいますようお願い申し上げます。」

 

 

 

・「○○様のご逝去の報に接し、悲しみにたえません。謹んでお悔やみ申し上げます。」

 

「まとめ」

 

ライティング

 

「メッセージカードの書き方はこんなに簡単!用途別にまとめたよ(2)」はいかがでしたでしょうか。

 

 

シンプルにすぐに使える内容を選んでみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

文例の部分部分、「使えそうなパーツ」を組み合わせて使うのも一つですね。

それにあなたの「想い」を込めた一言を添えるだけで、特別なオリジナルメッセージになりますよ。

 

一度試してみて下さいね。

 

ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.