あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

桂歌丸の死因や病名は何?家族や嫁・子供はいる?告別式はいつ・どこで?

 
桂歌丸アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

 

 

大変です!

あの落語家の桂歌丸師匠が、先ほど7月2日午前11時43分に亡くなったと報道されました。

 

 

僕が小さい頃から日曜日の夕方、「笑点」を楽しみにしていた。

当時の円楽師匠と一緒に風刺の効いたボケで茶の間の人気者だった桂歌丸師匠が亡くなったんて!

 

 

ショックです。

仕事に厳しく、人には優しいおじいちゃんだったのに!

 

 

 

今日はそんな桂歌丸師匠の訃報を受けて桂歌丸師匠の「死因」や「病名」「家族や嫁・子供は?」「告別式はどこ?」について調べてみました。

 

 

最近、「昭和の香り」がどんどん消えていきます。

寂しい・・・・。

 

 

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

1.桂歌丸のプロフィール・経歴を紹介

桂歌丸死因01

プロフィール

  • 名前:桂歌丸 (かつらうたまる)
  • 本名:椎名巌 (しいないわお)
  • 生年月日:1936年8月14日
  • 享年:81歳
  • 身長:165cm
  • 血液型:A型
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 師匠:5代目古今亭今輔、4代目桂米丸
  • 趣味:釣り(川、湖)、切手収集、歌舞伎鑑賞 、化石コレクター、ジッポ集めなど

 

多趣味ですね。切手収集や歌舞伎鑑賞は分かるとしても、化石コレクターやジッポ集めとは、何だか洒落てます。

さすがは桂歌丸師匠!

 

そしてプロフィール画像は若い頃のもの。

キリっとして、めちゃくちゃいい男ですね。

 

そしてかなり怖そう・・・・。

 

 

経歴

 

桂歌丸師匠は1951年、15歳で五代目古今亭今輔に入門して、前座名今児(いまじ)と名乗っていました。

 

 

その後、桂米丸門下に移り、1964年に桂歌丸と改名して、1968年に真打ちに昇進。

 

 

1966年から始まった「笑点」では当初からレギュラーとして活躍してます。

三遊亭小円遊さんや三遊亭楽太郎(現六代目円楽)さんとの掛け合いが、茶の間の人気でした。

 

 

2006年には五代目円楽さんに代わり、5代目の司会者を2016年まで務めて、「笑点」の顔となり、人気をけん引しました。

 

2007年、旭日小綬章を受章。

2016年、笑点卒業時に「終身名誉司会」の称号を授与。これはネタでしょうか。(笑)

 

 

スポンサーリンク

2.桂歌丸の死因や病名は何?

桂歌丸まとめ

 

報道によると桂歌丸師匠の死因は「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と公表されています。

 

 

桂歌丸師匠は、2016年から腸閉塞のために入院していますが、その後も「24時間テレビ」のオープニングで開会宣言を行うなど、精力的に活動を行っていました。

 

 

その後、2017年4月には肺炎で入院、「左肺炎慢性呼吸不全の急性憎悪」という呼吸不全の一種で再入院しています。

 

 

高齢というのもあるでしょうが、ここ2~3年は体調がすぐれなかったことも多かったようです。

 

 

肺炎や体調不良や高齢など、いろいろな病気が重なっていたのかもしれません。

 

 

いろいろな原因はあるかと思いますが、死因はおそらく呼吸が出来なくなる「呼吸不全」、病名は間違いなく「慢性閉塞性肺疾患」ですね。

 

 

桂歌丸の死因である「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」とはどんな病気?

 

 

慢性閉塞性肺疾患について調べてみました。

慢性閉塞性肺疾患 (COPD)は、たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気です。

(引用元:独立行政法人 環境再生保全機構)

 

 

どうやら、肺の機能が炎症により低下して通常のより呼吸が苦しい状態が続くようです。

結果、体力の消耗が大きくなり、身体への負担がかなりかかります。

 

 

これは苦しい。

 

 

健康な僕らでも、風などで咳がしばらく出続けると呼吸が出来ず苦しくなりますし、なにより咳が収まった後にくる身体への負担が半端ないですからね。

 

 

何となく分かります。

 

 

ましてや桂歌丸師匠は81歳のご高齢ですから、かなり体力的にきつかったのではないでしょうか。

 

 

そして原因となる一番の要因が「たばこの煙」になります。

桂歌丸師匠はタバコはどうだったのでしょうか・・・・・。

 

 

過去にも肺を患った時の会見で

「52年間、一時 (いっとき)も断ったことのないたばこを封印しました」

と公言しています。

 

 

 

52年間・・・・・・これはダメでしょう。

 

 

スポンサーリンク

3.桂歌丸に家族や嫁、子供はいる?

桂歌丸家族

 

桂歌丸の嫁(妻)は?

 

 

桂歌丸師匠は同じ横浜出身の冨士子夫人と22歳の時に結婚しています。

嫁の冨士子さんは、1932年生まれで桂歌丸師匠よりも4歳年上で、家もご近所でした。

 

 

当時冨士子さんの実家は、桂歌丸師匠との結婚を強く反対していました。

だってそうでしょう、落語家としてまだまだ未熟で名前もしられていない男に、娘をやれますか?

 

 

結局二人は一緒になり、桂歌丸師匠は大成していきます。

が、これは誰にも分かりませんからね。

 

 

 

こちらが冨士子夫人です。

 

なんと桂歌丸師匠は、当時の師匠である、5代目今輔から勧められた女性を断って冨士子さんと結婚しています。

それだけ冨士子夫人の魅力に惹かれたのでしょうね。

たしかに、整った顔立ちで古風な日本的美人ですよね。

 

 

こんな事もありました。

1989年に歌丸が座布団10枚の賞品として獲得した「クィーンエリザベスIIの夕べ」にて“美女とクルージング”をすることになったが、その「美女」として冨士子夫人が登場している。後ろ姿のみで顔は出していなかった。その後も番組内で姿を現すことはなかったため、笑点では「謎のヴェールに包まれた人物」とされている。

とテレビにも後姿ですが出演しており、桂歌丸師匠と共演を果たしています。

 

 

ぷぷぷ、桂歌丸師匠も冨士子夫人が「美女」として現れたのであせったでしょうね。

 

 

2007年には金婚式を祝ってもらっています。

つまり結婚50周年の御祝です!

 

桂歌丸師匠も

「若い頃に随分と苦労させた奥さんには感謝の気持ちで一杯」

と話しています。

 

 

苦労はあったでしょうが、仲良く歩んでこられたんでしょうね。

 

 

桂歌丸の子供はいるの?

桂歌丸プロフィール

 

桂歌丸師匠には娘さんが1人みえます。

すでに20歳の頃に結婚もされており、桂歌丸師匠が42歳の時には孫も生まれて、「おじいちゃん」になっています。

 

 

42歳のおじいちゃんは若い!

今でも若い方ですから、当時ならもっと若い方だったのではないでしょうか。

まあ22歳で結婚していますからね。

 

 

娘さんは一般人ですので、メディアには出ていません。

芸の世界ですから、もし「息子」が誕生していたら、桂歌丸師匠の後を引き継いでいったのでしょうか。

 

無意味な仮定ですが。

 

 

綺麗な冨士子夫人と可愛い娘さんに囲まれて、きっと幸せで温かい家庭だったと思います。

 

僕も娘が一人いますが、一緒にてくれるだけでめちゃくちゃ楽しいですから。

 

 

スポンサーリンク

4.桂歌丸の告別式はいつ・どこで行われる?

桂歌丸告別式

 

現在、桂歌丸師匠の葬儀や告別式の発表はされていません。

まだ7月2日に亡くなったばかりですからね。

 

 

しかしこれだけの大人物です。

落語会だけでなく、芸能、文化、出版、映像業界など関係は多岐にわたるはずです。

 

 

間違いなく大きな葬儀になりますから、それだけの準備期間も必要かもしれませんね。

 

 

どこかの大きな葬儀場か、格式のあるお寺でされるのではないでしょうか。

 

 

 

茶の間の人気者でしたからね。

一般のファンだけでも相当な数の方が桂歌丸師匠にお別れをしたいと思っているのではないでしょうか。

 

 

 

葬儀や告別式の詳しい日程や場所が分かり次第、また詳しくお知らせしますね。

 

 

スポンサーリンク

5.まとめ

桂歌丸まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

本日は「桂歌丸の死因や病名は何?家族や嫁・子供はいる?告別式はいつ・どこで?」を紹介しました。

 

 

まとめると

  • 桂歌丸の死因や病名は何? - 死因は病名の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」による呼吸不全といったところでしょうか。

 

  • 家族や嫁・子供はいるの? -  嫁 (妻)は冨士子さんがいらっしゃいます。子供は娘さんが一人。名前は公表されていません。このむすめさんには子供がいて、桂歌丸師匠にとっては孫となりますね。

 

  • 葬儀や告別式はいつ、どこで行われる? - まだ亡くなったばかりではっきりと分かっていません。ただ、これだけみんなに愛されていた桂歌丸師匠ですから、葬儀の大きさ、参列者の数も考えて、日取りを考えて行われるのではないでしょうか。詳しく分かり次第追記しますね。

 

 

桂歌丸師匠が亡くなるなんて・・・・。

本当に昭和の香りのする人たちがどんどん亡くなっていきます。

 

 

寂しい・・・・。

 

 

心から桂歌丸師匠のご冥福をお祈りします。

 

 

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.