あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

伊勢神宮奉納全国花火大会2018の駐車場や混雑回避・場所取り情報はこれでOK!

 
伊勢神宮花火アイキャッチ01
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

 

 

伊勢神宮奉納全国花火大会2018の季節になりました。

今年で66回目を迎える伊勢神宮奉納全国花火大会は、日本三大競技花火大会として知られています。

 

 

僕は全然知りませんでした。

 

 

伊勢神宮奉納全国花火大会の日程はこちら

伊勢神宮奉納全国花火大会の日程

  • 日程:2018年7月14日 (土) 荒天時は9月8日(土)に順延。8日も荒天の場合は翌日9日 (日)となります。
  • 時間19:15~21:00
  • 場所:三重県伊勢市 宮川河畔(度会橋上流)
  • 打ち上げ数:約10000発
  • 打ち上げ時間:約105分
  • 前年の人手:約23万人

 

打ち上げ場所はこちら

 

今回はそんな伊勢神宮奉納全国花火大会について「駐車場」「混雑回避」「場所取り情報」について紹介していきますね。

 

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

1.伊勢神宮奉納全国花火大会2018の駐車場について

駐車場

 

伊勢神宮奉納全国花火大会は日本三大競技花火大会のため、多くの人が見物に訪れ車などが渋滞します。

 

 

出来る限り公共交通機関である電車をおすすめしますが、どうしても車で行くよ、というあなたのために今回は駐車場あちこちを紹介していきますね。

 

 

交通規制なども行われるため、マイカーで来場する場合は駐車場を利用することが必要です。

 

 

公式案内によると、会場周辺に有料駐車場あり 1000円/1回

いずれも午後3時からの開場となります。

時間に気をつけてくださいね。

 

 

宮川親水公園

 

宮川親水公園は会場まで歩いて約15分ほどの場所にあり、約450台までの車が駐車可能です。

会場まで徒歩約15分。

 

 

場所はこちら

 

 

城田中学校

 

会場まで約20分ほどの距離にある城田中学校のグランドでは、約230台まで駐車することができます。

会場まで徒歩約20分

 

 

場所はこちら

 

 

早修小学校

 

早修小学校のグランドには約160台まで駐車でき、歩いて約15分で会場へ行くことが可能です。

会場まで徒歩約20分

 

 

場所はこちら

 

 

中島小学校

 

同じように会場まで歩いて約15分の場所には、中島小学校グランドがあります。

会場まで徒歩約15分

 

 

場所はこちら

 

 

太平洋セメント

 

太平洋セメントも約15分の距離で、約100台まで駐車することが可能です。

会場まで徒歩約15分

 

 

場所はこちら

 

 

宮前公園

 

宮前公園では約50台まで駐車でき、歩いて20分ほどで到着することができます。

会場まで徒歩約20分

 

 

場所はこちら

 

 

この他に民間の施設や周辺の住民の方も駐車場として場所を貸し出している所があります。

 

 

探してみるのも一つですね。

 

 

スポンサーリンク

2.伊勢神宮奉納全国花火大会2018の混雑回避方法は?

混雑

日本全国の花火師による競演を観るため、当日は多くの人で混みあうのが伊勢神宮奉納全国花火大会の大きな特徴です。

 

電車の混雑回避

 

花火大会当日の電車での混雑回避をする方法は、早め早めに行動をすることが必要になります。

 

 

JR参宮線の「山田上口駅」や近鉄山田線の「宮町駅」などは最寄り駅となるため、午後5時以降になると間違いなく多くの人で混みあいます

 

 

この2駅を利用する場合は、午後5時以前までに会場に着くようにするとよいでしょう。

 

19:15分の打ち上げ時間が迫るにつれ、通勤帰りの時間帯も重なり、どうしても電車内も混みあってしまいます。

 

 

どうせなら、思い切って2~3時くらいに伊勢について遊ぶくらいで行動してみてはいかがでしょうか。

 

 

余裕があった方がいいでしょ?

 

 

シャトルバスでの混雑回避

 

「伊勢市駅」「宇治山田駅」からは、伊勢神宮奉納全国花火大会専用のシャトルバスが運行されています。

 

 

シャトルバスを利用する場合は乗車人数が決まっている分、待ち時間なども長くなるのがデメリットです。

 

 

混雑していたり行列が長い場合は、歩いて会場に向かう方が早く到着することもあります。

 

 

伊勢市駅からのシャトルバスで所要時間が10分ぐらいですから、伊勢市駅から徒歩で30~40分くらいで会場に着くのではないでしょうか。

 

 

天気と暑さが問題ですが。

 

 

車での混雑回避

 

車で伊勢神宮奉納全国花火大会へ行く場合は、駐車場を確保しなければいけません。

 

 

更に会場周辺では交通規制もかかります。

詳しくはこちら

伊勢花火交通規制

 

 

また開場周辺の指定駐車場は午後3時から利用するできるので早めに到着して駐車だけ早めに済ませておくのも一つの手ですね。

 

 

あとは周辺で遊ぶか、時間までどこかに移動するかすればいいかと思います。

 

 

また、打ち上げ会場の最寄駅、JR参宮線の「田上口駅山」、近鉄山田線の「宮町駅」の一つ手前の駅「伊勢市駅」や「宇治山田駅」、「宮川駅」周辺で駐車、そこから電車で最寄駅まで移動。

 

 

この方法だと行きも帰りも混雑は電車1駅と会場までの間だけですみます。

後は車で快適に帰れますよね。

 

 

カップルで行く、家族で行く、友人と行く、それぞれのシチュエーションで選択肢が変わってくると思います。

 

 

ベストやベターな方法を考えてみて下さいね。

 

 

とにかく、早め早めの行動をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

3.伊勢神宮奉納全国花火大会2018の場所取りおすすめ

場所取り

伊勢神宮奉納全国花火大会には多くの人が見物に来るので、楽しむためには場所取りがとても重要になってきます。

 

 

多くの人で混みあう宮川では、堤防の道路からが眺めがよいと評判です。

ここは有名なスポットになっているため、早めに到着し場所取りをすることが必要になります。

 

大仏山公園

 

小さな子どもが一緒の家族連れには、大仏山公園から見物するのがおすすめです。

公園の中にはとても広い芝生があるので、レジャーシートなどを広げてゆっくりと花火を見物できます。

 

場所はこちら

 

 

宇治山田高校周辺

 

人混みを避け静かに花火を観たい場合は、宇治山田高校の周辺から見物するのがおすすめです。

 

 

打ち上げ会場から少し離れた場所になるため、混雑に悩まされることなく観ることができます。

 

 

当然行きも帰りも渋滞なくスムーズに移動出来ますね。

 

場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

4.まとめ

伊勢神宮まとめ01

いかがでしたでしょうか。

今回は「伊勢神宮奉納全国花火大会2018の駐車場や混雑回避・場所取り情報はこれでOK!」について紹介しました。

 

 

混雑回避のポイントはやはり早め早めの移動だと思います。

 

 

いろいろ「何で行くか」、「どこで観るか」、計画を一緒に行く人と考えてみるのも楽しい時間ではないでしょうか。

 

 

最後に必ず持って行っていただきたいのが「レジャーシート」と「虫よけスプレー」です。

芝生や地面が湿っていては着物が台無しになりますし、彼女や彼氏、子供が蚊に刺された痒みを我慢しながら花火を見るのも嫌ですよね。

マストアイテムです!

 

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

◆◇◆全国花火大会まとめ記事で他の花火大会も要チェック!◆◇◆

全国花火大会まとめ記事はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.