あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

響 -HIBIKI- のロケ地(聖地巡礼)や映画ネタバレを徹底調査!

2018/11/22
 
響 -HIBIKI- アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、まろです。

 

 

いよいよ来月9月14日から映画「響 -HIBIKI- 」が公開されます。

 

 

主演には映画初出演初主演となる欅坂46の平手友梨奈さんが抜擢されており、とてつもない文才を持つ一人の少女をどう表現するのか注目されています。

 

 

原作は柳本光晴さんの「響 ~小説家になる方法~」

 

2014年から連載で現在170万部を突破している人気コミックです。

 

 

作者の柳本光晴さんをして

「サイレントマジョリティー」のPVを見た時から、もし響が実写化するなら、主演は平手さんしかいないなと思いました。

響の持つ、媚びない、屈しない、信念の人間、そういったイメージとあまりにもピッタリで。

 

なにより、目が。

 

月川翔監督は、『黒崎くんの言いなりになんてならない』を観て以来大好きで。

あの映画は、エンタメの全てがつまっています。

今、邦画で最も「面白い作品が作れる」方だと思いました。

個人的に、最も理想とする形での実写化となりました。後は期待しかありません。楽しみにしています!

 

 

と主演の平手友梨奈に大きな期待を寄せています。

 

 

これはかなりのプレッシャーですよね。(笑)

 

 

ちなみにこちらが原作者の柳本光晴さんが、平手友梨奈さんを見初めた欅坂46の「サイレントマジョリティー」です。

 

 

どうですか?

やっぱり平手友梨奈さんが何か気になっちゃいますよね。

 

 

初主演となった平手友梨奈さんについてはこちら「平手友梨奈の身長はもっと高いしうざい!本当の身長がヤバい!」をご覧ください。

 

あの平手友梨奈さんの本当の身長がついに明らかに!

 

 

今回はそんな映画「響 -HIBIKI-」「ロケ地(聖地巡礼)」「ネタバレ」について詳しく紹介していきます。

 

 

それではいきます。

 

スポンサーリンク

響 -HIBIKI- のロケ地(聖地巡礼)はどこ?

響 -HIBIKI- ロケ地

 

「響 -HIBIKI-」は一体どこで撮影されたのでしょうか。

聖地巡礼となる場所を調べてみました。

 

 

三郷工業技術高校 (埼玉県三郷市)

三郷工業技術高校

 

三郷工業技術高校では、2018年5月頃、撮影風景が目撃されています。

 

三工技に行って映画の撮影が見たい
平手友梨奈とか北川景子とか柳楽優弥とか…とにかく行きたい

— とっきー (@tky0629iskw) May 14, 2018

 

 

主人公の響きは学生なので、教室などの学校風景も多く撮影されています。

 

学校のシーンは、ほとんどがこの三郷工業技術高校での撮影だったのではないでしょうか。

 

 

三郷工業技術高校

住所:埼玉県三郷市彦成3-325

 

 

天空橋駅 (東京都大田区羽田空港)

天空橋

 

羽田空港内の天空橋でも撮影が行われていました。

下記の目撃情報が確認できています。

 

 

「てち」は、平手友梨奈さんの愛称ですね。
右側の座っている女の子が平手友梨奈さんらしいです。

 

映りがちょっとね・・・・。

 

こちらの方が小さいながらも画像はきれいですよ。

 

 

天空橋駅

住所:東京都大田区羽田空港1丁目1

 

 

ガスト  川口朝日店 (埼玉県)

ガスト 川口朝日店

 

5月16日に「響 -HIBIKI- 」のメインキャストとなる平手友梨奈さんや北川景子さんが撮影に来ていたようです。

 

 

 

 

綺麗な女優さんばかり。

そりゃ目立ちますよね。

 

 

平手友梨奈さんに北川景子さん、外国人の女の子というのは、もしかして祖父江凛夏役のアヤカ・ウィルソンさんでは!?

 

 

こんなコメントもありました。

 

本当に思い出になりますよね、こういうのは。

 

 

ガスト 川口朝日店

住所:埼玉県川口市朝日6-15-17

 

 

糸魚川の踏切 (新潟県)

糸魚川今村新田

 

新潟県糸魚川周辺でも撮影が行われています。

ここでは小栗旬さんと平手友梨奈さんが目撃されています。

 

新潟県、糸魚川市のガストと今村新田の踏切に響の撮影でてちが来てたらしい。

 

 

 

 

糸魚川で映画撮影! てち来たらしい! 小栗旬、福士蒼汰、北川景子も! ちなみに田代先生とマイマザーのジモティー!

 

 

北川景子糸魚川撮影しに来るらしいよ

 

糸魚川で映画の撮影とかすげーな。北川景子は見たかったかも!てか、野次馬が某スーパーの駐車場に車停めて買い物客に迷惑かけるのはやめてあげてね(^ω^メ)

 

 

多数の目撃情報がありました。

 

 

この他にも、

 

 

平手さんの糸魚川での撮影目撃情報を見た私
糸魚川?フォッサマグナあるじゃん地震来ないといいね
新潟…てちぴっぴしておいで~

— いち (@TECHI__Kawauso) 2018年5月22日

 

 

などの書き込みもありました。

 

 

そうか福士蒼汰さんは、そもそも「響 -HIBIKI-」には出演んしていませんものね。

 

一体だれと見間違えたのでしょうか。

 

 

 

 

 深大寺 (東京都調布市)

深大寺

 

ここでは柳楽優弥さんの撮影の様子が目撃されています。

 

 

柳楽優弥さんの浴衣のシーン、う~んどのあたりでしょうか。

映画をぜひチェックしてみましょう!

 

 

深大寺

場所:東京都調布市深大寺元町5丁目15-1

 

 

スーパーマーケット (千葉県)

スーパーマーケット

 

千葉県のスーパーでの撮影目撃情報もありました。

 

詳しい場所は不明ですが、映画のどのシーンで登場するのか楽しみにしていましょう。

 

 

 

 

一部では、このスーパーマーケットは他の撮影では?との声もあり確認が出来ていません。

 

 

スーパーマーケットのシーン、映画を要チェックですね。

 

 

勝浦海水浴場 (千葉県)

勝浦海水浴場

 

勝浦海水浴場では映画「響 -HIBIKI- 」のエキストラ募集が行われていました。

 

 

5月30日にエキストラ募集がありました。

 

勝浦市海水浴場

場所:はっきりしていませんが、勝浦中央海水浴場のことでしょうか。

 

 

さあ、あなたも「響 -HIBIKI- 」の聖地巡礼してみませんか。

 

 

スポンサーリンク

響 -HIBIKI- のネタバレを徹底調査!

響 -HIBIKI- ネタバレ

 

原作の柳本光晴さんの漫画「響 ~小説家になる方法~」は、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞しています。

 

 

ですから、現在も読んでいる方がいるかと思いますが、内容について少しふれておきますね。

 

 

出版不況の中、文学誌「木蓮」編集部に応募要項を一切無視した新人賞応募作が届きます。

 

 

破棄されるはずが、一人の編集者の目にとまり・・・・。

 

 

そこから世界は、物語は猛烈に動き始めます。

 

 

 

この新人賞に応募したのが鮎喰響 (あくいひびき)。

この時響きは15歳の高校1年生。

地味めな外見の普通の女の子でした。

 

 

文芸部に入部するも、そこは不良のたまり場。

不良に脅されるも、響きは引き下がらず不良の小指をためらうことなく折る。

 

 

こうして普通ではない響きの高校生活が始まる・・・・。

 

 

一方、応募があった文学誌「木蓮」の編集者・花井ふみは、響の作品に大きな才能と可能性を感じ世に送り出そうと考えます。

 

 

そこに、響からの直接電話がり、読了した花井に対して感想を求める。

 

花井は、「最高でした」と答えて、詳しい感想を響に伝えていく。

 

 

 

その後、響の小説「お伽の庭」は、15歳にして芥川賞と直木賞のダブル受賞という快挙を達成。

 

 

 

響の周りで、世間や家庭、学校、友人との関係が大きく変わって行きます。

 

 

 

それでも響は全く動じません。

 

 

 

自分の中にある「確かに信じるもの」に従い、人が何て言おうと良いものは良い、悪いものは悪い。

 

 

 

自分の好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。

 

 

 

周りの声を気にせず、「自分が自分であること」が絶対の基準として歩んでいきます。

 

 

自分は綺麗なものを綺麗だと
感じることができると信じている。
自分の感性に従ってるだけよ。
(『響~小説家になる方法~』1巻より引用)

 

 

そのことが逆に周りが影響を受けて変わって行く・・・・。

 

 

 

響が一体どうなっていくのか、周りの環境はどうなるのか、友人や幼馴染との関係も変わっていくのか・・・・。

 

 

 

規格外の大きな才能に対する世間の「異物感」。

 

 

 

動き出した響の世界。

 

 

 

響にしか見えない景色とは・・・・・。

 

 

 

 

どうです、映画観たくなったでしょう?

僕も書いていてすごく観たくなりました。

 

 

絶対観に行きますよ!

 

 

ね!!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

響 -HIBIKI- まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回は「響 -HIBIKI- のロケ地(聖地巡礼)や映画ネタバレを徹底調査!」について詳しく紹介しました。

 

 

平手友梨奈さんが、「文才」という大きな才能を持った少女をどう演じるのか楽しみですね。

 

 

初主演となった平手友梨奈さんについてはこちら「平手友梨奈の身長はもっと高いしうざい!本当の身長がヤバい!」をご覧ください。

 

あの平手友梨奈さんの本当の身長がついに明らかに!

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

柳本光晴原作「響 ~小説家になる方法~」はこちらからどうぞ

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.