あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

「寄居玉淀水天宮祭花火大会」の穴場を徹底調査!人混・混雑を完全回避!

 
寄居玉淀水天宮祭花火大会アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

こんにちは、まろです。

 

2019年、今年もいよいよ「寄居玉淀水天宮祭花火大会」の季節となってきました。

 

花火大会は、大好きな恋人同士や大切な家族、可愛いお子さんと行く特別なイベント。
そんな楽しい時間を、ぎゅうぎゅうに混雑している人混みで見物するのは嫌ですよね。

 

今回は「寄居玉淀水天宮祭花火大会」を見物する際の穴場スポットについて詳しく調べてみました。

 

この記事が、あなたが快適に花火大会を楽しめる参考になれば嬉しいです。

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

「寄居玉淀水天宮祭花火大会」の開催予定

花火大会開催予定

 

今年の開催予定は

  • 日程:2019年8月3日(土)
  • 時間:19:00~21:00
  • 雨天時(荒天時):小雨決行。荒天時は中止予定
  • 打ち上げ数:約5,000発
  • 前年の見物客数:約6万人

となっています。

 

そして、打ち上げ会場はこちらです。

  • 埼玉県大里郡寄居町 玉淀河原

 

会場には余裕をもっていきましょう。

それでは混雑を避けて花火を楽しめる穴場スポットを紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

穴場1.「寄居運動公園」

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会の穴場スポットの代表としては、寄居運動公園をあげることができます。

 

会場となる玉淀河原は駅から徒歩でおよそ10分程度の距離にあり、打ち上げ会場となる玉淀河原から川を渡っておよそ10分ほどで着くことができる便利な位置にあります。

 

広場のある公園なのでゆっくりと花火を鑑賞することができるうえに、無料駐車場が140台分もあるのがおすすめポイントで、カップルのドライブデートや家族連れの車での移動にもとても便利なんです。

 

また、トイレもあるので、急にお子さんが「トイレ行く!」って言いだしても安心です。

 

レジャーシートや軽い飲食物を持ち込んで寝転んで鑑賞するの夜空に咲く花火を堪能できていいですよね。

 

「寄居運動公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場2.「天沼公園」

 

町中にある公園のひとつとして、天沼公園もおすすめの穴場スポットです。

 

寄居町に住んでいる近隣住民の方が普段から使用している公園で、広さはそこまで広くはありませんが、ベンチも設置されており、憩いの場所となっています。

 

地元の方が多い分、観光目当ての人は少なく、まさに混雑回避を目的として利用するにはおすすめのスポットといえます。

 

ただし、公園周辺には無料駐車場がありません。

あらかじめパーキングエリアの場所を確認しておきましょう。

 

「天沼公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場3.「鉢形城公園」

 

鉢形城公園も穴場スポットのひとつです。

 

広々とした広場があるわけではなく、また子供用の遊具があるわけではありませんが、戦国時代の城郭跡であり国定指定公園でもあります。

 

豊かな自然が豊富で遊歩道もあるので、散歩がてらに花火を鑑賞しても楽しめます。

 

人混みに悩まされることも少ないスポットなので、デートでも家族で訪れても楽しめますよ。

 

「鉢形城公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場4.「あまがすはら公園」

 

あまがすはら公園も、寄居玉淀水天宮祭花火大会の穴場スポットといえるでしょう。

 

あまがすはら公園は、住宅街の中にある近隣の住民がよく使用している公園のひとつ。

 

周囲には高い建物もないため、花火をしっかりと鑑賞することができます。

 

ブランコや滑り台といった遊具とベンチ、花壇などがある公園で混雑も少なく、ゆっくりと過ごすことができます。

 

トイレも小さいですがあるので安心です。

 

ただ、駐車場がないので、どこかでパーキングを探すことをおすすめします。

 

「あまがすはら公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場1.「国道140号線・彩甲斐街道」

 

穴場スポットといえるほどではありませんが、会場となる寄居町玉淀河原から反対方向になる北口へ出て、国道140号線・彩甲斐街道の方面は花火をよく見ることができるます。

 

会場に人が集まるので、混雑せずに、ゆっくりと眺めることができます。

 

「国道140号線・彩甲斐街道」の場所はこちら

 

 

穴場5.「荒川の河川敷周辺」

 

荒川の河川敷周辺も花火がよく見える穴場スポットです。

 

会場となる玉淀河原も荒川の河川敷にあるので、荒川の河川敷ならばよく見ることができます。

 

場所によってはシートなどを広げることができます。

 

「荒川の河川敷周辺」の場所はこちら

 

 

穴場5.「雀宮公園」

 

雀宮公園は打ち上げ会場となる玉淀河原のすぐ近くにある公園です。

近い分混雑することもありますが、その分花火の迫力を堪能できる絶好のスポットとなっています。

 

「雀宮公園」の場所はこちら

 

 

穴場5.「正喜橋」

 

正喜橋も打ち上げ会場となる玉淀河原のすぐ東にある橋で、荒川をつないでいる主要な橋の一つ。

 

歩道もありますが、ここは地元の人がたくさん集う絶好の鑑賞ポイントです。

 

多少の混雑はあるかもしれませんね。

 

「正喜橋」の場所はこちら

 

 

まとめ

まとめ

 

今回は「寄居玉淀水天宮祭花火大会」の穴場を徹底調査!人混・混雑を完全回避!」について紹介しました。

 

まとめると

「寄居玉淀水天宮祭花火大会」の穴場はこちら
  • 寄居運動公園
  • 天沼公園
  • 鉢形城公園
  • あまがすはら公園
  • 国道140号線・彩甲斐街道
  • 荒川の河川敷周辺
  • 雀宮公園
  • 正喜橋

 

地元の方にも知られていない穴場もあったのではないでしょうか。

ぜひ人混みの混雑を避けて、大切な人とゆっくり花火を鑑賞して楽しんでくださいね。

 

2019年の花火大会については、こちらにもまとめて書いてあります。

まとめ記事はこちらをクリック!

◆◇◆混雑少ない穴場スポットも紹介!◆◇◆

2019年花火大会のまとめ記事はこちらをチェック!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2019 All Rights Reserved.