あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

「開国花火大会」の穴場を徹底調査!人混・混雑を完全回避!

 
開国花火大会アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

こんにちは、まろです。

 

2019年、今年もいよいよ「開国花火大会」の季節となってきました。

 

花火大会は、大好きな恋人同士や大切な家族、可愛いお子さんと行く特別なイベント。
そんな楽しい時間を、ぎゅうぎゅうに混雑している人混みで見物するのは嫌ですよね。

今回は「開国花火大会」を見物する際の穴場スポットについて詳しく調べてみました。

 

この記事が、あなたが快適に花火大会を楽しめる参考になれば嬉しいです。

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

「開国花火大会」の開催予定

花火大会開催予定

 

今年の開催予定は

  • 日程:2019年8月3日(土)
  • 時間:19:15~19:45
  • 雨天時(荒天時):小雨決行。荒天時は中止
  • 打ち上げ数:約5,000発
  • 前年の見物客数:約19万5,000人
  • 神奈川県の人気ランキング:第6位

となっています。

 

そして、打ち上げ会場はこちらです。

 

  • 神奈川県横須賀市 うみかぜ公園、三笠公園 横須賀米軍基地

 

会場には余裕をもっていきましょう。

それでは混雑を避けて花火を楽しめる穴場スポットを紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

穴場1.「中央公園」

 

中央公園は打ち上げ会場から近いにもか関わらず、メイン会場であるうみかぜ公園と三笠公園に見物客が集中するため、意外と混雑しない穴場スポットです。

 

公園内が少し高くなっているため見晴らしがよく、花火もきれいに観ることが出来ます。

 

ゆっくり楽しみたい方におすすめです。

 

「中央公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場2.「猿島」

 

猿島はちょっと違った雰囲気で花火を楽しみたい方におすすめの穴場スポットです。

 

横須賀港の中にある猿島へ渡るためには、フェリーでの移動が必要になります。

花火大会当日にはツアーが組まれているので、興味のある方は申し込んでみると良いでしょう。

 

人気のツアーのため、早めに定員が埋まることがあります。

そのため、事前の予約をおすすめしますよ。

 

「猿島」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場3.「三春公園」

 

三春公園は国道134号線の近くにある公園で、メイン会場との距離もあるため人が少なく、比較的静かに花火を鑑賞できるおすすめな場所の一つです。

 

近くにコンビニやファーストフード店もあるのでお腹が空いたときやトイレに行きたくなった時も安心。

 

国道に近く車移動も楽なので、帰りの際の混雑も回避しやすいですよ。

 

小さな子供連れや人混みを避けたい方に特におすすめです。

 

「三春公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場4.「新安浦港」

 

新安浦港は花火大会の時以外でも人が集まる人気のスポット。

 

しかし、当日はメイン会場に人が集まるため、ここは穴場スポットに変身します。

 

視界を遮るものがなく、迫力ある花火を十分に楽しめるので、地元の人たちにもとても人気の場所として知られています。

 

最寄りの駅からも近いため、行き帰りの交通手段が簡単なのも嬉しいポイントですよね。

 

「新安浦港」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場5.「横須賀米軍基地」

 

横須賀米軍基地は、普段は立ち入ることが難しい場所ですが、花火大会当日にはネイビーフレンドシップデーというイベントが開催されるため、一般の人でも入ることが出来ます。

 

何より公式の打ち上げ会場となっているので、迫力ある花火を間近で体感できますよ。

 

海に面していることから花火鑑賞にぴったりで、しかもメイン会場となっている「うみかぜ公園」や「三笠公園」よりも人混みが少ない穴場になっています。

 

午前10時から一般開放が始まるので、特等席を場所取りするつもりなら午前10時に合わせて、入場することをおすすめします。

 

入場時に身分証明書の提示を求められる場合があるので、免許証や保険証などIDの確認できるものを用意しておいた方が良いですよ。

 

また、駐車場は用意されていません。

タクシーを使うか、最寄りの駅から徒歩で移動となります。

 

横須賀米軍基地には様々なステージイベントやフードコートも用意されているので、昼間はここで楽しんで夜に花火を観て帰るというのもおすすめです。

 

何より、普段は入れない米軍基地に入ることができる、というだけでドキドキしませんか。

 

「横須賀米軍基地」の場所はこちら

 

 

穴場6.「三笠公園」

 

三笠公園は、世界三大記念艦の一つ「三笠」が展示保存されている、まさに横須賀らしい公園です。

※ちなみにあとの二つはイギリスの「ヴィクトリー」、アメリカの「コンスティチューション」です。

 

また、公式の打ち上げ会場となっているので、間近で迫力ある花火を楽しむことができます。

 

最近は人気のスポットにもなってきているので、早めの場所取りをおすすめします。

 

トイレも設置されているので安心ですよ。

 

「三笠公園」の場所はこちら

 

 

穴場7.「海辺つり公園」

 

海辺つり公園は釣り広場や芝生広場がある人気の鑑賞スポット。

釣りを楽しむ人も多く、家族できても遊べそうです。

 

水上近くで展開する花火は、少し見づらいかもしれませんが、打ち上げ花火を見るにはまったく問題ありません。

 

むしろ、これだけ花火を見ることができるスポットで、混雑を回避できる場所の方が少ないですよ。

 

デートにもおすすめです。

 

「海辺つり公園」の場所はこちら

 

 

穴場8.「三春町の岸壁」

 

三春町の岸壁は、海辺つり公園と同じく打ち上げ会場から少し距離があるので、花火を鑑賞しつつ、混雑も回避しやすい穴場です。

 

ドン・キホーテやスーパーが近くにあり、食べるものやトイレ休憩も取りやすいとなっています。

 

カップルや子供を連れた家族でも、安心して花火を楽しめるスポットです。

 

 

「三春町の岸壁」の場所はこちら

 

 

穴場9.「うみかぜ公園」

 

うみかぜ公園も三笠公園や横須賀米軍基地と同じく、公式の花火の打ち上げスポットとなっています。

 

そのため、間近で迫力ある花火を楽しめる絶好のスポットとしておすすめです。

混雑することもあるので、早めの場所取りをお勧めします。

 

近くにスーパーやファーストフードがあり、公園内にもトイレが設置してあります。

このため、浴衣を着た彼女や、小さなお子さんがいても安心して花火をみることができるおすすめの鑑賞スポットです。

 

「うみかぜ公園」の場所はこちら

 

 

まとめ

まとめ

 

今回は「開国花火大会」の穴場を徹底調査!人混・混雑を完全回避!」について紹介しました。

 

まとめると

「開国花火大会」の穴場はこちら
  • 中央公園
  • 猿島
  • 三春公園
  • 新安浦港
  • 横須賀米軍基地
  • 三笠公園
  • 海辺つり公園
  • 三春町の岸壁
  • うみかぜ公園

 

地元の方にも知られていない穴場もあったのではないでしょうか。

ぜひ人混みの混雑を避けて、大切な人とゆっくり花火を鑑賞して楽しんでくださいね。

 

2019年の花火大会については、こちらにもまとめて書いてあります。

まとめ記事はこちらをクリック!

◆◇◆混雑少ない穴場スポットも紹介!◆◇◆

2019年花火大会のまとめ記事はこちらをチェック!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2019 All Rights Reserved.