あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

「江戸川区花火大会(エキサイティング花火)・市川市民納涼花火大会」の穴場を徹底調査!人混・混雑を完全回避!

 
江戸川区花火大会(エキサイティング花火)アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

こんにちは、まろです。

 

2019年、今年もいよいよ「江戸川区花火大会(エキサイティング花火)・市川市民納涼花火大会」の季節となってきました。

 

花火大会は、大好きな恋人同士や大切な家族、可愛いお子さんと行く特別なイベント。
そんな楽しい時間を、ぎゅうぎゅうに混雑している人混みで見物するのは嫌ですよね。

 

 

今回は「江戸川区花火大会(エキサイティング花火)」を見物する際の穴場スポットについて詳しく調べてみました。

 

この記事が、あなたが快適に花火大会を楽しめる参考になれば嬉しいです。

 

それではいきます。

 

 

スポンサーリンク

「江戸川区花火大会(エキサイティング花火)・市川市民納涼花火大会」の開催予定

花火大会開催予定

 

今年の開催予定は

  • 日程:2019年8月3日(土)
  • 時間:19:15~20:30
  • 雨天時(荒天時):8月4日(日)に順延
  • 打ち上げ数:約1万4,000発
  • 前年の見物客数:約90万人
  • 東京都の人気花火ランキング:第2位

となっています。

 

そして、打ち上げ会場はこちらです。

  • 東京都江戸川区 江戸川河川敷

 

会場には余裕をもっていきましょう。

それでは混雑を避けて花火を楽しめる穴場スポットを紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

穴場1.「篠崎公園」

 

江戸川区花火大会(エキサイティング花火)を鑑賞するにあたり、絶好の穴場スポットといえば、まずは篠崎公園がおすすめです。

 

打ち上げ会場から最も近く、広大な敷地の公園で、地元の方にも人気です。

 

花火がすぐそばに見えることから迫力満点なうえ、近くには屋台も出ていますので、会場まで行かなくてもお祭り気分を十分に味わうことができます。

 

24時間営業の駐車場もありますので、家族連れやグループなどでの鑑賞にもぴったりです。

人気スポットですが、当日でも空いている場所を探してゆっくり楽し楽しんでみてくださいね。

 

ちなみにこの篠崎講演内でも、サービスセンター前周辺が見晴らしもよく、特におすすめですよ。

 

「篠崎公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場2.「篠崎ポニーランド」

 

篠崎ポニーランドは比較的空いているので、込み合うのは嫌だな、というあなたにぴったりです。

 

打ち上げ会場からは少し遠くなりますが、駅からは徒歩15分と交通の便もとても良い場所にあります。

 

浴衣を着る場合などあまり歩かずに鑑賞したいのなら、最適のスポットと言えます。

 

少し遠いといっても迫力は充分に伝わってきますので、しっかりと楽しめます。

 

「篠崎ポニーランド」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場3.「総武線陸橋下」

 

京成江戸川駅側からは総武線陸橋下が穴場です。

花火が大きく見えるうえ、ほとんど混んでいることがありません。

 

総武線の鉄橋をくぐった辺りから観られる花火は特に迫力満点、しかも江戸川が目の前ですから水面に映る花火も楽しめます。

 

駅からの交通手段は少ないですが、その分混雑を回避しやすいスポットですよ。

 

「総武線陸橋下」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場4.「行徳会場」

 

市川市側にある行徳会場は、旧江戸川と江戸川の分岐点にあるおすすめの鑑賞スポットです。

 

花火からは少し距離がありますが、人混みを気にせず花火をしっかり鑑賞できますよ。

 

屋台もあり、お祭りの雰囲気もたっぷりと満喫できるのが嬉しいポイントです。

 

最寄りの妙典駅は混雑も少ないので、帰り道がラクというところもメリットです。

 

「行徳会場」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

穴場5.「大洲防災公園」

 

花火を真正面から観たいのであれば大洲防災公園がおすすめです。

 

河川敷よりは少し距離がありますが、打ち上げ会場から近く、河川敷ほどは混雑しないことが多いです。

 

芝生のピクニック広場など広い敷地がありますので、場所取りがしやすいのも嬉しいポイントです。

 

レジャーシートなどを持っていけば、座って観ることができるうえ、大洲防災公園に前もって予約しとおくと、バーベキューなどを楽しみながら花火を鑑賞することもできます。

 

大勢でワイワイ盛り上がりながら鑑賞したい方に、ぜひおすすめの場所となっています。

 

「大洲防災公園」の場所はこちら

 

 

穴場6.「江戸川河川敷」

 

江戸川河川敷は形成国府台駅から2分程で、歩道橋を渡って、すぐに江戸川河川敷に出ることができます。

 

 

河川敷から打ち上げ会場方向に歩き、JR総武線の鉄橋をくぐった辺りは迫力ある花火を堪能できる穴場スポットです。

 

帰る際も、駅に近いので比較的混雑を避け帰ることができますよ。

 

混雑を避けたい、お子様をお連れの方などにはおすすめのスポットです。

 

 

「江戸川河川敷」の場所はこちら

 

 

穴場7.「篠崎グランド駐車場」

 

篠崎グランド駐車場もおすすめです。

 

基本的には利用者以外は入場禁止ですが、駐車場で花火がよく見えるスポットがあり、そこでは花火を楽しむカップルや家族連れが自然と集まって花火を楽しんでいます。

 

この場所で花火を鑑賞する場合は、座り込みや飲食のゴミを捨てていくことはなるべく控えて、篠崎グランドには迷惑がかからないようにしましょうね。

 

「篠崎グランド駐車場」の場所はこちら

 

 

穴場8.「篠崎緑地」

 

篠崎緑地も打ち上げ会場から少し離れているので、混雑は少なめです。

しかも駅から近いのが嬉しいポイントです。

 

花火大会終了後の混雑は誰もが避けたい渋滞。

より早く駅に向かえる場所なら、混雑も少なくて済みますよね。

 

「篠崎緑地」の場所はこちら

 

 

穴場9.「小岩緑地」

 

小岩緑地

小岩緑地は打ち上げ会場に近いのに、混雑が少ない穴場スポットです。

場所取りもそれほど激しいことなく、花火が開始されてもレジャーシートを広げるカップルや家族連れがいるくらいなんです。

 

打ち上げ会場近くで、混雑を避けたいあなたは、この小岩緑地に決まりですね。

 

「小岩緑地」の場所はこちら

 

 

穴場10.「京成線国府台駅付近の河川敷」

 

京成線国府台駅付近の河川敷もおすすめです。

混雑が少ないうえに、迫力ある花火がよく見えます。

 

花火終了後の混雑も少なく、帰りの電車での快適さがかなり違いますよ。

※江戸川側の小岩駅、篠崎駅、江戸川駅や、市川側の市川駅は毎年相当混雑します。

 

 

打ち上げ場所から少し距離があるので、知る人ぞ知る穴場スポットになっていますが、良い場所の確保のためには、夕方16時頃には到着していたほうがいいでしょう。

 

「京成線国府台駅付近の河川敷」の場所はこちら

 

 

穴場11.「行徳橋」

 

江戸川花火大会の会場の一つ、行徳会場そばにある橋である行徳橋。

 

打ち上げ場所から少し距離があるので、混雑を避けて市川花火大会・江戸川花火大会を見ることができます。

 

花火終了後の大混雑に巻き込まれる心配もありませんし、近くには屋台もでいているので、お祭り気分を満喫できるのが嬉しいポイントです。

 

遅くても夕方5時ごろには到着したほうが、余裕をもって屋台や花火を楽しむことができますよ。

 

「行徳橋」の場所はこちら

 

 

穴場12.「船堀タワー展望台」

 

船堀タワー展望台も、江戸川区花火大会(エキサイティング花火)を楽しめる穴場となっています。

展望台まで無料で上がることができ、日中なら富士山や東京湾もきれいに見えるデートスポットになっています。

 

彼女との夜景を楽しむのにおすすめです。

 

「船堀タワー展望台」の場所はこちら

 

 

まとめ

まとめ

 

今回は「江戸川区花火大会(エキサイティング花火)・市川市民納涼花火大会」の穴場を徹底調査!人混・混雑を完全回避!」について紹介しました。

 

まとめると

「江戸川区花火大会(エキサイティング花火)・市川市民納涼花火大会」の穴場はこちら
  • 篠崎公園
  • 篠崎ポニーランド
  • 総武線陸橋下
  • 行徳会場
  • 大洲防災公園
  • 江戸川河川敷
  • 篠崎グランド駐車場
  • 篠崎緑地
  • 小岩緑地
  • 京成線国府台駅付近の河川敷
  • 行徳橋
  • 船堀タワー展望台

 

地元の方にも知られていない穴場もあったのではないでしょうか。

ぜひ人混みの混雑を避けて、大切な人とゆっくり花火を鑑賞して楽しんでくださいね。

 

2019年の花火大会については、こちらにもまとめて書いてあります。

まとめ記事はこちらをクリック!

◆◇◆混雑少ない穴場スポットも紹介!◆◇◆

2019年花火大会のまとめ記事はこちらをチェック!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2019 All Rights Reserved.