あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

面白南極料理人(ドラマ)のキャストやネタバレ・ロケ地情報がヤバい!

2019/01/12
 
面白南極料理人アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。    

 

 

2019年の冬ドラマ「面白南極料理人」が始まりますね。  

 

 

過酷な南極観測隊の生活の中で、日々の楽しみを与えてくれるのは「美味しい食事」だけ。

そんな食事を通して、7人の男が繰り広げるバカバカしい程の予測不可能なコメディドラマ。

 

 

さすが深夜枠。

これ、多分一話見たらハマるやつですよ、きっと(笑)

 

 

  今回は2019年の冬ドラマとして始まる「面白南極料理人(ドラマ)」について「キャスト」「ネタバレ」「ロケ地」について詳しく紹介していきます。  

 

 

  「面白南極料理人」放送日の予定は

  • 放送日:2019年1月12日
  • 曜日:土曜日
  • 時間:24:56~25:26(テレビ大坂)、24:00~24:30(BSテレ東)
  • 30分番組 × 12話

となっています。    

 

 

原作は西村淳さんの「面白南極料理人」。

なんと2009年には「南極料理人」のタイトルで映画化されています。

その時は堺雅人さんが主演で話題になりました。

これもかなりヒットしましたね。

 

 

こちらが原作です。

 

 

こちらが映画版です。

 

 

良かったらチェックしてみて下さいね。

 

 

それではいきます。

 

   

スポンサーリンク

面白南極料理人(ドラマ)のキャストをチェック!

まとめ01

 

それでは「面白南極料理人(ドラマ)」のメインキャストのみなさんを紹介していきます。

 

 

この他にもキャストの追加情報があれば紹介して行きます。

 

 

浜野謙太(西村隊員 役)

浜野謙太v

 

37歳。

第38次隊「南極観測隊」隊員で料理人。

通称「大将」と呼ばれている。

北海道出身で海上保安庁より派遣されている。

 

 

マキタスポーツ(松山隊員 役)

マキタスポーツ

 

42歳。

第38次隊「南極観測隊」隊員で医者。

通称「ドック」と呼ばれている。

鹿児島県出身でバリバリの九州男児。

北海道の病院より派遣されている麻酔医。

 

 

田中要次(金村隊員 役)

田中要次

 

45歳。

第38次隊「南極観測隊」の隊長。

通称「金ちゃん」と呼ばれており、主に気象・大気観測を担当している。

岩手県出身で気象庁より派遣されている。

 

 

緋田康人(本木隊員 役)

緋田康人

 

49歳。

第38次隊「南極観測隊」隊員で雪氷学者。

通称「モトさん」と呼ばれている。

広島県出身で国立極地研究所より派遣されている。

 

 

山中崇(下平隊員 役)

山中崇

 

39歳。

第38次隊「南極観測隊」隊員で通信・機械担当。

通称「盆」と呼ばれている。

大阪府出身で通信社から参加している。

 

 

岩崎う大(かもめんたる 役)

岩崎う大

 

32歳。

第38次隊「南極観測隊」隊員で車輌・機械担当。

通称「主任」と呼ばれている。

愛知県出身で自動車メーカーから参加している。

 

 

福山翔大(川田隊員 役)

福山翔大

 

23歳。

第38次隊「南極観測隊」隊員で雪氷サポート。

通称「川田君」と呼ばれている。

神奈川県出身で大学から参加している。

 

 

いかがですか。

この7人が繰り広げる人間力が、かなり”濃く”描かれそうですね。

なにより「オヤジ臭」がすごい・・・・。

 

 

スポンサーリンク

面白南極料理人(ドラマ)のネタバレがヤバい!

ネタバレ01

 

「面白南極料理人」には原作があります。

そこからネタバレを調べていきます。

 

 

当然ながらこの物語の主人公は、浜野謙太さんが演じる「西村隊員」。

もっと言うと、西村隊員が作る「料理」が一番の話の中心軸です。

 

 

ですから、南極の過酷な環境を生きていく男たちの壮大なストーリー!

というよりは、ちょっとした基地内で起こる事件を美味しい料理が解決していく、”ほのぼの”したコメディストーリー。

 

 

その料理を作るのに、標高3800m、平均気温マイナス54度という厳しい自然環境にある南極観測基地。

その中で、西村隊員が限られた食材や調理方法を駆使して、日々の生活のストレスを抱える隊員たちの「心」をほぐしていくような料理を作っていく。

 

 

やはりそこが一番の見どころでしょう。

一体どんな食材でどんな料理が出来るのか。

 

 

西村隊員の作る美味しい料理を食べる他の隊員たちが、どうやって心を通わせて行くんでしょうか。

 

 

調理方法とかも注目です。

 

 

しかし、実在の南極観測隊員で料理を担当する方は、一年間も他の隊員たちの期待を超える料理を作る努力と知恵とアイデアを継続しないといけないですよね。

 

これは大変な仕事です。

 

 

毎日料理をされる方のアイデアの助けになるかもしれませんよ。(笑)

 

 

ちなみに一度油で揚げてある即席メンは、南極でも美味しく食べれるそうです。

この南極基地は、標高3800mなので、沸点が85度。

通常100度で沸騰する環境に合わせて麺を固めてあるので、食べる事が出来ないと思われていましたが、ちゃんとラーメンとして食べられるうえに、貴重な保存食としても重宝したそうです。

 

 

こんな小説で出てきた豆知識を披露できる日はあるんでしょうか(笑)

 

 

にんともかんとも。

 

 

スポンサーリンク

面白南極料理人(ドラマ)のロケ地はどこ?

ロケ地01

 

面白南極料理人(ドラマ)のロケ地はどこだったのでしょうか。

まさか本当に南極で撮影!?

 

 

残念ながら、ドラマのロケ地は公表されていません。

しかし、映画版の「南極料理人」のロケ地は分かっています。

 

 

シチュエーション的に、そんなに良い場所がいくつもあるとは思えません。

もしかしたらドラマ版のいくつかのシーンも、映画版の撮影場所をロケ地としているのかもしれませんよね。

 

 

ですから今回は映画版のロケ地を少しですが紹介していきます。

 

「能取岬」

能取岬

 

北海道網走にあ「能取岬」で作中の大分を占める基地のシーンはこちらで行われました。

 

 

夏場は流氷見物で賑わう観光地ですが、冬場はマイナス20度にもなる場合があるそうです。

 

それって南極と大差ないんじゃないの!?って思いませんか。

 

 

「能取岬」の場所はこちら

 

 

「美岬牧場」

 

美岬牧場

 

網走にある「美岬牧場」も映画版のロケ地になっています。

 

 

冬場は厳しい網走ですが、能取岬周辺は5月下旬あたりからタンポポなどの野草が一面に広がり、牛や馬が放牧される美岬牧場となります。

 

 

「美岬牧場」の場所はこちら

 

 

「幕張メッセ」

幕張メッセ

 

ここでは堺雅人さんと南極観測隊が任務を終えて帰国するシーンで国際空港の到着ロビーとしてロケ地になっています。

 

 

確かにお洒落な国際空港のような景観ですよね。

 

 

映画での隊員たちと家族たちとの再会シーンでは、ちょっとうるっときた方も多かったのではないでしょうか。

 

 

「幕張メッセ」の場所はこちら

 

 

「東武動物公園」

東武動物公園

 

ここ「東武動物公園」では堺雅人さん演じる西村さんが、家族で食事をしている最後のエンディングシーンが撮影されました。

 

 

過酷な南極の任務から解放されて日常の生活を感じる場所として設定されています。

 

 

「東武動物公園」の場所はこちら

 

 

「海の公園」

海の公園

 

横浜市にある「海の公園」では、南極観測隊員たちがビーチバレーをしているエンドロールの撮影が行われました。

 

 

ここでもやはり、過酷な南極の環境から解放されて、ストレスのない日常に戻っていく様子が描かれています。

 

 

やっぱり毎日笑顔で過ごせる日々がいいですよね。

南極での生活はちょっと・・・・。

 

 

「海の公園」の場所はこちら

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。    

 

 

今回は「面白南極料理人(ドラマ)のキャストやネタバレ・ロケ地情報がヤバい!」について紹介しました。    

 

 

第38次南極観測隊の7人の過酷な生活と、美味しい料理との対比が面白そう。

毎回の料理も話題になりそうですよね。

というか、それがメインかもしれませんね。

 

 

男だらけのコメディドラマ。

結構面白そう・・・・・。

ぜったい観ようっと(笑)

 

 

「面白南極料理人(ドラマ)」を見逃してしまった!というあなた、大丈夫です。「面白南極料理人」は見逃し配信がちゃんとあります。

詳しくはこちら「面白南極料理人(ドラマ)の無料の見逃し配信動画はこれで決まり!」をご覧くださいね。

 

 

  本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

    2019年冬ドラマについてはこちらもご覧くださいね。

◆◇◆2019年冬ドラマはも要チェック!◆◇◆ 2019年冬ドラマのまとめ記事はこちら!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2018 All Rights Reserved.