あれ、何だっけ?ちょっと気になるおすすめ情報!

なつぞらのキャストが超豪華すぎてヤバい!相関図はどうなる!?

2019/03/11
 
なつぞらロゴ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まろです。

寒さも和らぎ、だんだん春を感じる日が多くなってきましたね。

そして暖かい季節とともに、皆様お待ちかねの2019年前期の朝ドラのオンエアも近づいてきました!

 

2019年4月からNHKの朝の連続テレビ小説「なつぞら」の放送が始まります。

190215_natsuzora_mainposter_B1_OL_4

なんと今回で第100作目となる記念すべき作品なのです!!

これはNHK側も気合いが入ってるに違いありません。

 

そんな「なつぞら」の放送予定は、

  • 放送日:2019年4月1日(月)~(全156回予定)
  • 放送時間:午前8時00分~午前8時15分
  • 脚本:大森寿美男(代表作:「泥棒家族」、「風が強く吹いている」、他、)
  • キャスト:広瀬すず、岡田将生、他
  • 主題歌:スピッツ「優しいあの子」

となっています。

 

広瀬すずさん演じるヒロイン・なつが、戦後、広大な北海道の大自然の中で、日本アニメの草創期をまっすぐに生きる姿描いた感動作なんだとか!

 

【あらすじ】

1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)はひとり、養父の柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。養女として、なつを引き取った酪農家族・柴田家は北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は、なつのことを働き手にもならない、厄介者と言いながらも内心、不憫ふびんに思っていた。しかし子どもながらに、ここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。こうした頑張りに心を動かされた泰樹は、孤児だからといって甘やかしたりせず、生きるすべをとことんたたき込んでいく。なつもまた、天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。

小学校に通い始めたなつは、すてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカでブームになっていた漫画映画(アニメ映画)の魅力を教えられ、なつは“絵が動く”こんな夢のような世界があるのかと感動する。
やがて高校生になり、天陽が東京の美術大学に進みたいという夢を語ると、なつも自分の将来について考えるようになる。なつもまた天陽の影響で、絵を描く仕事につきたいと思うようになっていた。だが養父の剛男はなつが、一人息子と結婚して、牧場を継ぐことを望んでいた。
そんな折、生き別れていた兄が、東京で元気に働いていると知らされる。なつに旅立ちの日が近づいていた……。

(公式サイトより)

 

戦後に大きく開拓されたテレビアニメーションが、人々にどんな影響を与えていったのか。

日本が世界に誇る日本アニメの原点がここで描かれていると思うと・・・気になります!

私自身懐かしいアニメも結構好きなので、とっても見たくなってきました!

 

そんな気になる朝ドラ「なつぞら」豪華キャストや相関図について調査してみました!

それではどうぞ!

 

スポンサーリンク

豪華俳優陣が勢ぞろい!「なつぞら」のキャストは??

広瀬 すず(ヒロイン・奥原 なつ 役)

広瀬すず

 

1937年生まれの東京育ち。

戦争で両親亡くし、兄妹と暮らしていたが、途中で父の戦友・柴田剛男に引き取られる。

十勝へ移り住むと、剛男の義父・泰樹の牧場の手伝いをするうちに心を開き、明るさを取り戻していく。

高校卒業後は上京し、アニメーション業界に進み、アニメーターとして日々奮闘していく。

 

岡田 将生(奥原 咲太郎 役)

岡田将生

陽気な性格で、歌とタップダンスが好き。

両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥の親代わりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育てる。

なつを柴田家に、千遥を親戚に預けてから、しばらく孤児院で過ごすがその後行方不明となる。

 

その他、岡田将生さんの記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

北海道・十勝編 キャストはこちら!

 

草刈 正雄(柴田 泰樹 役)

草刈正雄

なつの父の戦友・柴田剛男の義父。十勝で酪農を営んでいる。

偏屈でガンコな性格だが、深い愛をもった大樹のような男。

人生を生き抜くすべをなつに教える。

松嶋 菜々子(柴田 富士子 役)

松嶋菜々子

泰樹の娘で、剛男の妻。

芯の強い女性で明るく前向き、父譲りのたくましさと優しさを持ち合わせている。

牛乳やバターを使ったお菓子づくりや料理が得意。

なつとの関係に戸惑いつつも、我が子同然に育てようと努める。

藤木 直人(柴田 剛男 役)

藤木直人

富士子の夫で、柴田家の婿養子。

義理堅く優しい性格で、義父の泰樹には頭が上がらない。

戦友だったなつの父と「どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見る」という約束を果たし、

なつを引き取り、十勝へ連れてくる。

 

清原 翔 (柴田 照男 役)

清原 翔

剛男の長男。まじめで責任感強い。

要領が悪く、牧場の仕事もなつに先を越されることもしばしば。

密かになつに想いを寄せている。

 

福地 桃子 (柴田 夕見子 役)

福地 桃子

剛男の長女。なつとは同い年。

最初はなつへの接し方に戸惑うこともあったが、だんだんと本当の姉妹のように仲良くなっていく。

 

平尾 菜々花(柴田 明美 役)

平尾菜々花

柴田家の次女。長女の夕見子とは7つ歳が離れている。家事を手伝うしっかり者。

なつを本当の姉のように慕っている。

 

小林 隆 (戸村 悠吉 役)

小林 隆

柴田牧場の従業員で、泰樹の右腕的存在。

穏やかで楽しい性格で、頼りになる。

 

音尾 琢真 (戸村 菊介 役)

音尾 琢真

悠吉の息子で、なつの良き酪農の先生。

泰樹の牧場を大きくする夢と、いつか自分の牧場を持つ夢がある。

安田 顕 (小畑 雪之助 役)

安田顕

菓子屋・雪月の店主。

お菓子の発明王で、泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発し、やがて北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。

仙道 敦子(小畑 妙子 役)

仙道 敦子

雪之助の妻。

おっとりした性格だか、姑のとよに対しても意見出来るしっかり者。

 

高畑 敦子 (小畑 とよ 役)

高畑 敦子

雪之助の母。

歯に衣を着せずとてもおしゃべりで、十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような女性。

 

山田 裕貴 (小畑 雪次郎 役)

山田 裕貴

雪之助の息子で、なつのクラスメートで大親友。

お調子者で目立ちたがり屋だが、一緒にいると元気をもらえる存在。

卒業後はなつと一緒に上京し、日本一の菓子職人を目指す。

 

吉沢 亮 (山田 天陽 役)

吉沢 亮

美術の才能があるが、家が貧乏のため進学をせず農業を手伝っている。

躍動感ある馬の絵を描くのが得意で、なつに絵心を教える。

戸次 重幸(山田 正治 役)

戸次 重幸

天陽の父親。戦争で家屋を失い、一家で北海道へ移住。

慣れない農業に苦戦するも、泰樹達の協力もあり徐々に人並みの生活を送れるようになる。

 

小林 綾子(山田 タミ 役)

小林 綾子

正治の妻。東京育ちのおっとりした性格。

アルバイトで生活費を稼ぎながら、なれない農業を手伝う。

同じ東京育ちのなつを気に入っている。

 

犬飼 貴丈(山田 陽平 役)

犬飼 貴丈

天陽の兄。弟同様、絵の才能があり奨学金で芸術大学へ進学。

なつに漫画映画の世界を教える。

 

中原 丈雄(阿川 弥市郎 役)

中原 丈雄

以前は東京に住んでいたが、娘と一緒に十勝に移住。

十勝の森の中で、木彫りの熊など民芸品をつくり、暮らしている。

吹雪のなかで倒れたなつを助けたことがきっかけで、柴田家と仲良くなる。

 

北乃 きい(阿川 砂良 役)

北乃 きい

弥市郎のひとり娘。父とふたり、ひと気のない十勝の森の中で暮らしている。

みずから狩りや漁をして家計を支える働き者。

なつの家族との交流を通して、外の世界との関わりを持ち始める…。

 

柄本佑(倉田 隆一 役)

柄本佑
十勝農業高校演劇部の顧問。演劇に情熱を注ぐ熱い男。
理屈っぽい難しい発言が多いがなつの問題解決のヒントとなる。

富田 望生(居村 良子 役)

富田 望生

十勝農業高校のなつの仲良しなクラスメイトでとってものんびり屋。

なつと演劇部にいっしょに入部する。

 

スポンサーリンク

東京・新宿編 キャストはこちら!

山口 智子(岸川 亜矢美 役)

山口 智子

新宿の路地裏のおでん屋「風車」の女将おかみ。豪傑で明るい人柄。

昔は伝説の劇場・ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとして一世を風靡ふうびした。

なつの兄・咲太郎の行方を知っている・・・?

 

比嘉 愛未(前島 光子 役)

比嘉 愛未

ベーカリーカフェ・川村屋のオーナー。

神秘的な雰囲気から、周囲から“マダム”と呼ばれている。

才能ある若者たちの応援をしていることから、とある縁で上京したなつの世話をすることになる。

 

近藤 芳正(野上 健也 役)

近藤 芳正

川村屋に勤めるギャルソン。

常にニヤニヤと不吉な笑みを浮かべ、皮肉交じりのユーモアを連発する。

若いマダムの後見役で、店の経営を取り仕切る。

 

リリー・フランキー(茂木 一貞 役)

リリー・フランキー

大型書店・角筈屋(つのはずや)の社長。

酒と女とおもしろいことが大好き。マダムや女将目当てで「川村屋」や「風車」に通っている。

 

戸田 恵子(煙 カスミ 役)

戸田 恵子

昔は伝説の劇場・ムーランルージュ新宿座の歌い手で亜矢美とは腐れ縁。

現在は自らが持ち合わせる圧倒的な歌声で、クラブ「メランコリー」で流行歌を歌い続けている。

 

鈴木 杏樹(亀山 蘭子 役)

鈴木 杏樹

劇団「赤い星座」の看板女優。

美人で演技もうまいが、映画出演の機会には恵まれず。

そんな中、漫画映画に声で出演する仕事が入り、運命が変わる。

 

水谷 果歩(三橋 佐知子 役)

水谷 果歩

川村屋で住み込みのウエイトレスとして働く、夢見る女の子。

上京してきた、なつのルームメイトとして、東京暮らしをサポートする。

 

工藤 阿須賀(佐々岡 信哉 役)

工藤 阿須賀

なつの幼なじみ。戦争で生き別れてしまう。

その後なつ達と再会する日を夢見て、みんなの消息を探す。

なつの運命を左右する人物として、ある日、突然現れる。

 

スポンサーリンク

アニメーション 編 キャストはこちら!

井浦 新(仲 努 役)

井浦 新

日本初の長編アニメーションの作画監督で東洋動画アニメーターのリーダー。

かわいいキャラクターデザイン、繊細な表現を得意とする。

穏やかで人望が厚く、みんなから師と仰がれる。

なつを気に入り、“アニメーション”の世界に誘う。

 

貫地谷 しほり(大沢 麻子 役)

貫地谷 しほり

通称「マコ」。東洋動画のスゴ腕アニメーター。現場のまとめ役。

クールで物おじしない性格だか、内に熱いものを秘めている。なつを厳しく教える先輩。

中川 大志坂場 一久 役)

中川 大志

東洋動画の監督見習い。

要領が悪いが、知識が多く、企画力があるので人々が驚くようなストーリーを考えつく。

 

染谷 将太(神地 航也 役)

染谷 将太

なつの後輩アニメーター。好きなことについて話しだすと止まらない。

新人ながらも意見をはっきり言え、既成概念にとらわれない発想でアニメ表現を革新していく。

 

渡辺 麻友(三村 茜 役)

渡辺 麻友

絵を描くのが大好きで、おっとりとした性格。

繊細な絵が評価され、なつより一足先に社内試験に合格し、正式にアニメーターとなる。

 

伊原 六花(森田 桃代 役)

伊原 六花

なつの親友で、通称「モモッチ」。絵が好きという理由だけで東洋動画に入社する。

セル画の彩色を担当。

 

川島 明(下山 克己 役)

川島 明

元警察官で現アニメーター。ひょうきんで人を楽しませるのが大好き。

後輩の面倒見が良く、なつの優しい先輩。

 

小手 伸也(井戸原 昇 役)

小手 伸也

体は大きいが、繊細な性格。

作画監督として仲とともに、アニメーターたちをけん引するツートップのひとり。

驚異的なスピードで上質な作画を仕上げる実務家肌。

 

木下 ほうか(露木 重彦 役)

木下 ほうか

東洋映画のベテラン映画監督。

日本初の長編アニメーションの監督に起用されるものの、実写映画しか経験がなく、戸惑う。

アニメーターたちと切磋琢磨しながらプロジェクトの成功に尽力する。

 

角野 卓造(大杉 満 役)

角野 卓造

東洋映画社長。

東洋一のアニメスタジオを設立、日本初の長編アニメーション制作に取り組む。

 

内村 光良 (語り)

内村光良

スポンサーリンク

まとめ

みなさんいかがでしたか??

 

2019年4月スタートの連続テレビ小説ドラマ。

「なつぞらのキャストが超豪華すぎてヤバい!相関図はどうなる!?」

について紹介させていただきました。

 

かなり豪華なキャスト陣ですよね!

さらにアニメーションをテーマにした今作品。

子供から大人まで幅広く楽しめるドラマであること間違いなしっっ!

放送開始が楽しみです。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

◆◇◆2019年春ドラマはも要チェック!◆◇◆

2019年春ドラマのまとめ記事はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
   

Copyright© まろぐ~marog~ , 2019 All Rights Reserved.